グリボエードフ運河

グリボエードフ運河(グリボエードフうんが、ロシア語: кана́л Грибое́дова英語: Griboyedov Canal)は、ロシアサンクトペテルブルクの町中を流れる運河グリボエドフ運河とも表記される[1]

グリボエードフ運河の夜景。後方に血の上の救世主教会
グリボエードフ運河に掛かる銀行橋。後方はサンクトペテルブルク財政・経済学大学

モイカ川の左岸から分流し、市中を通り、フォンタンカ川へ合流する。 [2] 名称はロシアの外交官・作家・作曲家のアレクサンドル・グリボエードフ(1795~1829)から取っている。ドストエフスキー小説にも登場する。 [3]

運河の全長は約5.0kmで、川幅は32mに達するところもある。全部で21の橋が架けられていて、カザンスキー橋(ネフスキー大通り)、銀行橋ライオン橋、ボズネセンスキー橋(ヴォズネセンスキー通り)などである[1]。グリボエードフ運河に沿った河岸通りには、血の上の救世主教会カザン聖堂サンクトペテルブルク財政・経済学大学などがある。

参照項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 松村博 (2012年12月). “連載 世界の橋なみ 第9回 サンクトペテルブルク――ロマノフ王朝の残影”. 鹿島建設. 2021年5月3日閲覧。
  2. ^ 『地球の歩き方、ロシア 2008~09』(ダイヤモンド・ビッグ社、2009年)にある地図など
  3. ^ 罪と罰』でたどるサンクトペテルブルク

外部リンク編集

座標: 北緯59度55分58秒 東経30度19分30秒 / 北緯59.9327度 東経30.3251度 / 59.9327; 30.3251