グリモアルド2世 (フランス語: Grimoald II, 714年没) または幼グリモアルドは、ネウストリア宮宰695年 - 714年)。ピピン2世プレクトルードの次男で、父により幼い時からその地位についていた。

グリモアルド2世
Grimoald II
ネウストリア宮宰
Grimoald II.jpeg

死去 714年
配偶者 テウデシンダ
子女 テウドアルド
アルノルド
父親 ピピン2世
母親 プレクトルード
テンプレートを表示

711年、グリモアルド2世はフリースラント王レッドボットの娘テウデシンダと結婚し、テウドアルドとアルノルドの2子をもうけている。714年、リエージュ聖ランベルトゥスの墓を訪れる途上で暗殺された。父よりわずかに早く死んだため、グリモアルド2世の息子たちはピピン家の後継者の地位をめぐる争いに巻き込まれ、最終的にピピン2世の庶子カール・マルテルに簒奪された。

参考文献編集

  • Riché, Pierre. Les Carolingiens, une famille qui fit l'Europe. ISBN 2-01-278851-3
  • Volkmann, Jean-Charles. Bien Connaître les généalogies des rois de France ISBN 2-87747-208-6
  • Mourre, Michel. Le petit Mourre. Dictionnaire de l'Histoire ISBN 2-03-519265-X
先代:
ピピン2世
ネウストリア宮宰
695年 - 714年
次代:
テウドアルド