グリーン湖 (ハワイ)

グリーン湖(グリーンこ、: Green lakeハワイ語: Ka Wai a Pele、「ペレの水」を意味する)は、ハワイ島のプウ・カポホ(Pu'u Kapoho)噴火口にあった淡水湖である。ハワイ諸島で最大の淡水湖で、ハワイ島にある2つの淡水湖の一つであった。

グリーン湖を蒸発させている溶岩流の航空写真、2018年6月2日撮影。

湖は約400年前にグリーンマウンテン噴火口に形成された。水深は最大200フィート (61 m)であった。ハワイの神話では、湖は火山の女神ペレが初めて訪れた場所であるとされる[1]。湖は地域住民や旅行者に人気のある水泳場所だった[2]。グリーン湖の周辺はククイグアババナナの木が自生していた[3]

キラウエア火山プナ地区南部噴火からの溶岩流によって、湖の水は2018年6月2日に蒸発した[4]

出典編集

  1. ^ Ellis, William (1831). Polynesian Researches, Volume 4. London: Fisher, Son, & Jackson. p. 299. OCLC 935366901. https://books.google.com/books?id=A5EDAAAAQAAJ&pg=PA299 2018年6月5日閲覧。 
  2. ^ Morris, Chris (2018年6月5日). “Lava Evaporates Hawaii's Largest Lake”. Fortune. http://fortune.com/2018/06/05/lava-hawaii-green-lake-ka-wai-a-pele/ 2018年6月5日閲覧。 
  3. ^ Green Lake: A 400-year-old lake in Kapoho, Hawaii”. Only in Hawaii. 2018年6月5日閲覧。
  4. ^ Peterkin, Olivia (2018年6月4日). “Into thin air: Lava flows claim Hawaii's largest lake in a matter of hours”. Hawaii News Now. http://www.hawaiinewsnow.com/story/38346982/where-pele-first-visited-residents-react-to-the-loss-of-a-400-year-old-lake-due-to-lava 2018年6月5日閲覧。 

座標: 北緯19度30分08秒 西経154度50分22秒 / 北緯19.502321度 西経154.839397度 / 19.502321; -154.839397

外部リンク編集

地図を見る