グルクロン酸転移酵素

グルクロン酸転移酵素(または、グルクロノシルトランスフェラーゼ、: Glucuronosyl transferase)は、肝臓においてグルクロン酸抱合を行う酵素基質の1つであるUDP-グルクロン酸からグルクロノシル基(グルクロン酸)をもう一つの基質へと転移する化学反応を触媒する。[2]

グルクロン酸転移酵素
識別子
EC番号 2.4.1.17
CAS登録番号 9030-08-4
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBj PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / QuickGO
テンプレートを表示
UDP-glucuronosyl and UDP-glucosyl transferase
PDB 1rrv EBI.jpg
Structure of TDP-vancosaminyltransferase GtfD as a complex with TDP and the natural substrate, desvancosaminyl vancomycin.[1]
識別子
略号 UDPGT
Pfam PF00201
InterPro IPR002213
PROSITE PDOC00359
SCOP 1rrv
SUPERFAMILY 1rrv
テンプレートを表示
名称
  • グルクロン酸転移酵素
  • グルクロノシルトランスフェラーゼ
  • グルクロノシル基転移酵素
  • グルクロニルトランスフェラーゼ (: Glucuronyl transferase)
  • グルクロニドトランスフェラーゼ(: Glucuronide transferase
  • UDP-~
  • ウリジン二リン酸~
略称
  • UGT
  • UDPGT
  • UGAT
  • UDPGUTF

機能編集

関連疾患編集

ヒト遺伝子編集

脚注編集

  1. ^ “Crystal structure of vancosaminyltransferase GtfD from the vancomycin biosynthetic pathway: interactions with acceptor and nucleotide ligands”. Biochemistry 43 (18): 5170–5180. (May 2004). doi:10.1021/bi036130c. PMID 15122882. 
  2. ^ KEGG Enzyme:2.4.1.17