グループウェアまたはコラボレーションソフトウェア(Groupware または Collaborative software)とは、企業など組織内のコンピュータネットワークを活用した情報共有のためのアプリケーションソフトウェアである。ネットワークに接続されたコンピュータ(のユーザー)同士で情報の交換や共有、またスケジュール管理等の業務に利用される様々な機能を通じて、業務の効率化を目指したものである。様々な機能が一つのシステムに統合されており、それらが有機的に結合しながらユーザにサービスを提供する。

近年では、インターネットイントラネットの技術向上に伴い、ウェブブラウザ を使用したシステムが主流になっている。このタイプはクライアント側が専用ソフトを必要としないため、ホストのみ設置すれば良く、初期投資が低く抑えられ、クライアントのオペレーティングシステムを選ばないという利点がある。

歴史編集

グループウェア編集

共同ソフトウェアは、もともと「グループウェア」と呼ばれていた。この用語は、1980 年代後半までさかのぼることができ、Richman と Slovak (1987) が次のように書いている "Like an electronic sinew that binds teams together, the new groupware aims to place the computer squarely in the middle of communications among managers, technicians, and anyone else who interacts in groups, revolutionizing the way they work."[1]

1978 年に、Peter と Trudy Johnson-Lenz がグループウェアという用語を作り出した。 グループウェアの 1978 年の最初の定義は、 "intentional group processes plus software to support them." でした。 記事の後半で、彼らはグループウェアを "computer-mediated culture... an embodiment of social organization in hyperspace." と説明した。 グループウェアは、共進化する人間とツールのシステムを統合するが、単一のシステムにすぎない[2]

1990 年代の初めに、最初の商用グループウェア製品が提供され、BoeingIBM などの大企業が主要な社内プロジェクトに電子会議システムを使用し始めた。 Lotus Notes は、その製品カテゴリの主要な例として登場し、インターネットがまだ初期段階にあったときにリモート グループ コラボレーションを可能にした。 Kirkpatrick と Losee (1992) は当時、次のように書いています[3]。 "If GROUPWARE really makes a difference in productivity long term, the very definition of an office may change. You will be able to work efficiently as a member of a group wherever you have your computer. As computers become smaller and more powerful, that will mean anywhere." 1999 年、Achacoso は最初のワイヤレス グループウェアを作成し、導入した[4][5][6]

概要編集

グループウェアが有する主な機能は以下の通りである。

  • 電子メールorチャットorインスタントメッセンジャー機能 - 電子メールの送受信、読み書きを行える(相手が読んだかどうかも表示される)
  • 電子掲示板(BBS)機能 - 電子掲示板に書き込むことで、メッセージを交換できる
  • ライブラリ機能(ドキュメント共有機能) - 情報ファイル、仕様書、画像データなどを登録し、メンバー間で共有できる
  • スケジュール管理機能 - 個人のスケジュール管理のみでなく、メンバーのスケジュールを共有、確認ができる
  • 会議室予約(設備予約)機能 - 会議室の空き状況や予約状況、設備貸し出しなどの予約状況を管理できる。主にスケジュール機能と連動している
  • プロジェクト管理機能 - プロジェクトを遂行する上での予定、追跡、可視化を行う
  • ワークフローシステム(電子決裁)機能 - システム内で企画書や報告書などの起案-決裁ができる仕組み

注1:これらはメンバーや組織ごとに利用できる範囲を設定することができる(例:同じ課のメンバーのスケジュールは閲覧できるが、他の課のメンバーのものは閲覧できない。各課から集まったプロジェクトメンバー専用の電子掲示板・ライブラリを設置する。など)。

注2:システム(ソフトウェア)により、機能の有無が有る、又は違う機能の場合がある

共同作業のレベル編集

グループウェアは共同作業のレベルに応じて3つのカテゴリに分けることができる[7][8]

  1. コミュニケーションは、組織だっていない情報の交換と考えることができる。電話やインスタントメッセンジャーチャットでの議論は、この一例である。
  2. カンファレンス(または、議論のレベルが学術論文で呼ばれるのと同じようなコラボレーションのレベル)は、共通の目標に向けたインタラクティブな仕事に関係する。ブレインストーミングや投票は、この一例である。
  3. コーディネーションは、共通の目標に向かって、複雑な相互依存を伴う仕事に関係する。これを理解するための良い比喩は、スポーツチームについて考えることである。誰もが適切なタイミングで適切なプレーを貢献するだけでなく、展開状況にプレイを調整しなければならない-しかし、誰もが別の何かをしている-のチームが勝つようにするために。共同管理とは、共通の目標に向かうための、複雑な相互依存を伴う作業である。

実装編集

電子コミュニケーションツール編集

電子コミュニケーションツールは、人々の間でメッセージ、ファイル、データ、またはドキュメントを送信することで、情報の共有を促進する。

電子コミュニケーションツールの例:

電子会議ツール編集

電子会議ツールは、よりインタラクティブな方法で、情報の共有を容易にする。

電子会議ツールの例:

  • インターネットフォーラム(また、メッセージボードやディスカッションボードとも呼ばれる) -オンラインテキストメッセージを容易に管理するための仮想の議論プラットフォーム
  • オンラインチャット -リアルタイムのテキストメッセージを容易に管理するための仮想の議論プラットフォーム
  • インスタントメッセージ
  • テレフォニー - 電話は、ユーザーが相互作用することを可能にする
  • ビデオ会議 -ネットワーク接続されたPCの共有ビデオ信号とオーディオ信号を使って会議を行う。
  • データ会議英語版 -ネットワーク接続されたPCは、一般的な共有ホワイトボードを各ユーザーが変更できる
  • アプリケーション共有英語版 / デスクトップ共有英語版 -ユーザは、リアルタイムで同時に、それぞれのコンピュータから共有ドキュメントまたはアプリケーションにアクセスすることができる
  • 電子会議システム英語版(EMS) -もともとこれらは「電子会議システム」と記載し、それらを会議室に組み込まれていました。これらの特別目的の客室には、通常、多数のPCと相互リンクビデオプロジェクターを含んでいた。しかしながら、電子会議システムは、ウェブベースの、いつでも、いくつかの場所に分散させることができる会議参加者「分散」収容する任意の場所システムに進化してきた。

共同管理(コーディネーション)ツール編集

共同管理ツールを使って管理することで、グループ活動を容易にする。

共同管理ツールの例:

関連項目編集

類似の用語編集

グループウェアに類似したシステム編集

関連する応用分野編集

その他の関係用語編集

グループウェアの一覧編集

脚注編集

  1. ^ SOFTWARE CATCHES THE TEAM SPIRIT New computer programs may soon change the way groups of people work together -- and start delivering the long-awaited payoff from office automation.fouttoune”. Money.cnn.com (1987年6月8日). 2022年10月2日閲覧。
  2. ^ Johnson-Lenz, Peter (1990年4月30日). “Rhythms, Boundaries, and Containers”. Awakening Technology. 2011年9月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年7月27日閲覧。
  3. ^ HERE COMES THE PAYOFF FROM PCs New network software lets brainstormers around a table all talk at once on their keyboards. The result: measurable productivity gains from desktop computing”. CNN (1992年3月23日). 2022年10月2日閲覧。
  4. ^ First Wireless Groupware Hits Palmtops: GroupServe Launches its Wireless-Accessible Discussion Service.”. merysis (1999年12月7日). 2022年10月2日閲覧。
  5. ^ Richardson, Jake (2000年1月31日). “GroupServe gets $1M, new executive director”. American City Business Journals. https://www.bizjournals.com/washington/stories/2000/01/31/newscolumn2.html 
  6. ^ GroupServe markets "in-time communications" to wireless business customers” (英語). RCR Wireless News (1999年11月30日). 2019年11月11日閲覧。
  7. ^ Groupware - Communication, Collaboration and Coordination”. Lotus Development Corporation (1995年). 2011年7月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月19日閲覧。
  8. ^ Casalino N., Draoli M. (2009), “Governance and Organizational Aspects of an Experimental Groupware in the Italian Public Administration to Support Multi-Institutional Partnerships”, in Information Systems: People, Organizations, Institutions, and Trchnologies, D’Atri A., Saccà D. (Eds.), Physica-Verlag, Springer, Heidelberg, Germany, pp. 81-89, 978-3-7908-2147-5, doi 10.1007/978-3-7908-2148-2_11


外部リンク編集