グレゴリオ・フェロ

グレゴリオ・フェロ(Gregorio Ferro Requeijo、1742年12月24日 - 1812年1月23日)はスペインの画家である。マドリードの王立サン・フェルナンド美術アカデミーの校長も務めた。

グレゴリオ・フェロ
Gregorio Ferro
Alegoría del nacimiento del infante Carlos Clemente (Real Academia de Bellas Artes de San Fernando).jpg
グレゴリオ・フェロのカルロス4世の誕生を祝う絵画
生誕1742年12月24日
スペイン,ボケイション
死没1812年1月23日
スペイン,マドリード

略歴編集

ガリシア州ア・コルーニャ県ボケイションの貴族の家に生まれた。1750年に母親が亡くなり、父親が再婚するとサンティアゴ・デ・コンポステーラに移り、修道院で働くようになり、そこで絵を学んだ。彫刻家のフェリペ・デ・カストロに才能を見出され、15歳で絵を学ぶためにマドリードに移り、王立サン・フェルナンド美術アカデミーに入学した。美術アカデミーではアントン・ラファエル・メングスに学んだ[1]

ローマにも留学し、留学の費用は、師のメングスが一部負担した。当時、17歳のフランシスコ・デ・ゴヤも参加した1763年の王立美術アカデミーの絵画コンクールで、賞を受賞した[2]

1781年に王立美術アカデミーの会員に選ばれた[1]。1788年にフランシスコ・バイユーの後任として王立美術アカデミーの副校長に任命され、フランシスコ・デ・ゴヤの辞任後の1791年に絵画部門の校長になった。1804年に王立美術アカデミーのの校長になったが、宮廷画家の称号を得ることはなかった。

作品編集

脚注編集

  1. ^ a b (es) Enrique Lafuente Ferrari, Breve Historia de la Pintura Española, vol. 2, Madrid, Ediciones AKAL,‎ , 701 p. (ISBN 84-7600-182-7, lire en ligne), p. 439
  2. ^ (es) Valeriano Bozal, Francisco Goya : vida y obra, vol. 1, TF Editores & Interactiva,‎ (ISBN 978-84-96209-39-8), p. 27

参考文献編集

  • José Luis Morales y Marín, « El pintor Gregorio Ferro (1742-1812), Director General de la Real Academia de Bellas Artes de San Fernando. Noticias documentales sobre la última etapa. », Boletín de la Real Academia de Bellas Artes de San Fernando, no 84, 1er semestre 1997