ケダイネイ条約(ケダイネイじょうやく、英語: Treaty of KėdainiaiまたはKiejdany)は北方戦争中の1655年8月17日スウェーデン帝国リトアニア大公国の間で締結された条約[1]。ポーランド軍がウィチュシュエの戦い英語版で大敗した後、ポズナンカリシュがスウェーデンに降伏、リトアニアのヘトマンヤヌシュ・ラジヴィウは戦争の中止を決定した[1]。彼はケダイネイで締結されたこの条約において、スウェーデンの保護を受け入れた[1]。さらに、ポーランド=リトアニア共和国が解体されず、リトアニア軍がポーランド軍と戦わないことが定められた。しかし、条約の内容ではポーランドの支援の欠如が述べられた[1]。10月20日、この条約はケダイネイ合同に取って代わられ、合同によりリトアニア大公国スウェーデン帝国が合同した[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d e Frost, Robert I (2000). The Northern Wars. War, State and Society in Northeastern Europe 1558-1721. Harlow: Longman. p. 168. ISBN 978-0-582-06429-4