ケラー四重奏団英語: Keller Quartetハンガリー語: Keller Vonósnégyes)は、ハンガリー弦楽四重奏団

ブダペスト祝祭管弦楽団コンサートマスターを務めていたケラー・アンドラーシュを中心として1987年リスト音楽院で結成された。1988年ポーツマス国際弦楽四重奏コンクールでバルトーク賞を受賞。1990年にはフランスのエヴィアン・コンクールとイタリアのパオロ・ボルチアーニ賞の両方で優勝したことで国際的な注目を集め、以降世界を舞台に活躍している。レパートリーはバロックから現代音楽までと多岐にわたるが、とりわけ同郷のバルトーク・ベーラの作品には造詣が深く、更にリスト音楽院で教えを受けていたクルターグ・ジェルジの作品も積極的に紹介している。

歴代メンバー編集

  • 第1ヴァイオリン
    • ケラー・アンドラーシュ(Keller, András)
  • 第2ヴァイオリン
    • ピルツ・ヤーノシュ(Pilz, János)
  • ヴィオラ
    • ガール・ゾルターン(Gál, Zoltán)
  • チェロ
    • ケルテース・オットー(Kertész, Ottó)初代
    • サボー・ユディト(Szabó, Judit)第二代

外部リンク編集