ゲイラカイトGayla Kite)は、アメリカ合衆国ゲイラインダストリ-ズ英語版が製造するの日本での商品名。

概要編集

凧の概念を覆す斬新なデザインと高性能な飛行機能が評判を呼び、1970年代の日本で大ブームを巻き起こした[1]

材質はビニールプラスティック、形状は三角形の「ロガロ翼」[1]

「ロガロ翼」の発明者フランシス・ロガロNASAの前身NACAに所属した経験があるため、日本では「NASAの元技術者が開発」と謳われた[1]

種類は白地に黒縁のの「Sky Spy」、黒地に赤縁の目の「Baby Bat」、が描かれた「Fantazma Gordo」などがある。

ブーム時はエー・ジー(現Hazuki Company)が輸入、浅草玩具が販売。2010年代からは株式会社あおぞらが輸入・販売している。

2013年2月、タカラトミーが姉妹品の室内用玩具「ホームカイト」を発売した[2]。 

脚注編集

外部リンク編集