メインメニューを開く

ゲーム脳の恐怖(ゲームのうのきょうふ)とは2002年7月10日日本放送出版協会から出版された書籍の名称。著者は森昭雄2006年生活人新書の創刊5年を迎えた時点では、生活人新書の中では最も多く売り上げた書籍である[1]

ゲーム脳の恐怖
著者 森昭雄
発行日 2002年7月10日
発行元 日本放送出版協会
ジャンル 科学
日本の旗 日本
言語 日本語
ページ数 200
コード ISBN 978-4140880364
Portal.svg ウィキポータル 書物
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

内容編集

神経学者である著者は簡易型の脳波計を開発し、テレビゲームをしているときの脳波の動きを記録することでテレビゲーム人間に与える影響を明らかにすることを試みる。テレビゲームを行っている人間の脳波はベータ波が激減している状態であり、これは痴呆者の脳波と類似している。このことから、テレビゲームに熱中している人間の脳というのは、痴呆患者と同様であり全く活性化していないということを主張する[2][3]

脚注編集

外部リンク編集