コックファイター』(原題:Cockfighter)は、1974年制作のアメリカ合衆国ドラマ映画

コックファイター
Cockfighter
監督 モンテ・ヘルマン
脚本 チャールズ・ウィルフォード
原作 チャールズ・ウィルフォード
製作 ロジャー・コーマン
出演者 ウォーレン・オーツ
音楽 マイケル・フランクス
撮影 ネストール・アルメンドロス
編集 ルイス・ティーグ
製作会社 ニューワールド・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ニューワールド・ピクチャーズ
日本の旗 boid
公開 アメリカ合衆国の旗 1974年7月30日
日本の旗 2013年1月19日[1]
上映時間 84分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $400,000[2]
テンプレートを表示

チャールズ・ウィルフォードの同名小説を原作に、闘鶏をテーマに描いたスポーツ・ドラマ映画。ロジャー・コーマンが、『断絶』が興行的に失敗しハリウッドから干されていたモンテ・ヘルマンに復活のチャンスを与えるためメガホンをとらせたが、本作もまた興行的に失敗、コーマン製作作品の中では数少ない赤字作品の1本となった[1]。その後、コーマンは製作費を回収するため、関係ない別作品の場面を入れて再編集し、Born to KillGamblin' ManWild Drifterとタイトルを変更して公開したが、やはり興行的に失敗した[3]

あらすじ 編集

闘鶏トレーナーのフランクは、ライバルのジャックとの試合前に高らかに勝利宣言するが、結果はフランクの惨敗。フランクは悔しさのあまり、全国チャンピオンになるまで一切口をきかないと誓いを立て、各地の試合に出場し、腕を磨く。

だが、闘鶏に入れ上げる彼に恋人のドディは愛想を尽かし、彼のもとを去ってしまう。それでもフランクは、勝手に弟夫婦の家を売り払って得た500ドルで最強の鶏といわれる“白い稲妻”を手に入れ、飼育業者のオマーとともに猛特訓を開始、ジャックとの再戦を目指す。

キャスト 編集

脚注 編集

  1. ^ a b “テーマは“闘鶏” R・コーマン製作の伝説の作品が39年の時を経て日本初公開!”. 映画.com. (2013年1月16日). https://eiga.com/news/20130116/15/ 2021年12月1日閲覧。 
  2. ^ Detail view of Movies page: Cockfighter”. American Film Institute. 2017年5月20日閲覧。
  3. ^ Ed. J. Philip di Franco, The Movie World of Roger Corman, Chelsea House Publishers, 1979 p 153
  4. ^ スチルカメラマンも兼任。Stevens, Brad (2003). Monte Hellman: His Life and Films. McFarland. p. 104. ISBN 978-0-7864-8188-0. https://books.google.com/books?id=cl2WzqT6hi8C&pg=PA104 

外部リンク 編集