メインメニューを開く

コパカバーナ (リオデジャネイロ市)

コパカバーナ

コパカバーナポルトガル語: Copacabana)は、ブラジルリオデジャネイロ市南東部に位置するリゾート地である。大西洋に面している。レーミからコパカバーナ要塞までの、全長約4キロメートルにわたる白い砂浜のビーチは世界的に知られ、コパカバーナ海岸コパカバーナビーチとも呼ばれる。

コパカバーナの名前は、ボリビアコパカバーナ(en)の聖母を記念する教会(en)が、19世紀に建設されたことに由来する。サーフィンのスポットとして知られるアルポアドール英語版を挟む形で、イパネマ英語版海岸と隣接している。

弓なりに続く海岸沿いにはモザイクが施された遊歩道が延び、ビーチに面したアトランティカ大通りにはホテルやブティック、レストランなどが建ち並ぶ。また、リオネジャネイロの高級住宅地としての一面もあり、数々の成功者達が挙って住む場所でもある。

マリンスポーツビーチスポーツが盛んで、ビーチバレービーチサッカー世界選手権ワールドカップも開催された。フッチバレーはコパカバーナ発祥のスポーツである。

1994年大晦日には、ロッド・スチュワートのコンサートが行われ、350万人を動員した。

2006年2月18日には、ローリング・ストーンズのコンサートが行われ、150万人を動員した。

2007年にはLive Earthの会場となった。

世界遺産リオデジャネイロ:山と海との間のカリオカの景観群」(2012年登録)に含まれている。

コパカバーナのパノラマ画像

関連事項編集

外部リンク編集