コルヴィン・ヤーノシュ

コルヴィン・ヤーノシュCorvin János, 1473年4月2日 - 1504年10月12日)は、ハンガリー王マーチャーシュ1世の庶子。フニャディ伯爵、スラヴォニア公、オパヴァ英語版グウプチツェ英語版グウォグフリプトフ英語版の公爵[1]。クロアチア及びスラヴォニア総督。

コルヴィン・ヤーノシュ
Corvin János
Baldassare Estense 004.jpg
1486年、ビアンカ・マリア・スフォルツァとの縁談が持ち上がった時に制作された見合い用の肖像画

出生 (1473-04-02) 1473年4月2日
ブダ
死去 (1504-10-12) 1504年10月12日(31歳没)
クラピナ
配偶者 ベアトリーツァ・フランコパン
子女 エルジェーベト
クリシュトーフ
マーチャーシュ
家名 フニャディ家
父親 ハンガリー王マーチャーシュ1世
母親 バルバラ・エーデルペック
テンプレートを表示

生涯編集

ハンガリー王にしてボヘミアの対立王でもあったマーチャーシュ1世と、下オーストリア・シュタインドイツ語版出身の平民女性バルバラ・エーデルペック(1495年3月9日没[2])との間に婚外子として生まれた。父王は2度の結婚で嫡出子をもうけられなかったため、ヤーノシュは父にとって唯一の子であった。

マーチャーシュ1世はヤーノシュをハンガリー王位の後継者にしようと目論んだが果たせず、代わりに一人息子に与えられる限りの要職や財産を確保した。ヤーノシュは1481年に8歳でフニャディ伯爵・リプトフ公爵に叙せられた。オロモウツの和約の締結より前の1477年頃には、マーチャーシュはボヘミア王冠領の一部だったシレジアのグウォグフ公領をヤーノシュに授けることに決めていた。この構想はグウォグフ継承問題ドイツ語版において、1488年に正統な相続者だったジャガン公ヤン2世英語版を追放することでようやく実現した。

1484年トシェク公プシェミスワフ英語版が男子なく死ぬとマーチャーシュ王はトシェク公領ドイツ語版を自身の所有とした。ヴィクトリン・ス・ポジェブラトオパヴァ公領英語版を譲らせたときは、代償としてスラヴォニアの複数の城の所有権を引き渡した。こうして王が入手した2公領はいずれも息子ヤーノシュに授けられた。1485年グウプチツェ公領英語版の最後の後継者ヤン3世英語版が死ぬと、マーチャーシュは同公領の国家帰属を宣言して没収し、こちらの領地もヤーノシュに譲った。

しかし1490年にマーチャーシュ1世が死ぬと、父王が半ば強引にかき集めてくれた膨大な資産・領地をヤーノシュが保持するのは途端に難しくなった。シレジアにある数多くの所領のうち、ヤーノシュはヴィクトリン・ス・ポジェブラトが返還を求めていたオパヴァ公領のみを返還し、残りは確保することを決意していた。ところがハンガリーの次期国王を座をめぐるボヘミア王ヴラジスラフ(ウラースロー2世)とその弟ヤン・オルブラフト、ハプスブルク家の皇帝マクシミリアン1世の3つ巴の争いは、ヤーノシュの決意を打ち砕いた。ウラースロー2世はボヘミア王の宗主権を行使してヤーノシュからグウォグフ公領を取り上げ、ハンガリー国王選挙で自身が選出されるよう便宜を図ってもらった見返りとして弟ヤン・オルブラフトに担保物件として差し出した[3]。1498年ヤン・オルブラフトがグウォグフ公領を兄王に返還した後も、同公領がヤーノシュに返還されることはなく、正式にボヘミア王冠領に帰属したものとされた後、翌1499年ウラースロー2世の末弟ジグムントにボヘミア王冠の封土として与えられた。さらには1501年強制的な領土交換によってオパヴァ公領も王に譲渡させられ、こちらもジグムントの封土とされた。

1496年クロアチアの最有力貴族の1人ベルナルディン・フランコパン英語版の娘ベアトリーツァ・フランコパンと結婚し、間に3人の子をもうけた。

  • エルジェーベト(1496年 - 1508年) - サポヤイ・ジェルジ英語版と婚約
  • クリシュトーフ(1499年 - 1505年)
  • マーチャーシュ(1504年 - 1505年)

ヤーノシュは1504年、31歳の若さで死んだ。3人の子供たちは父親の死後数年間のうちに死んだ。家領を受け継いだ未亡人は、ウラースロー2世の甥でドイツ人のブランデンブルク=アンスバッハ辺境伯ゲオルクと再婚した。

ヤーノシュが1486年頃、ビアンカ・マリア・スフォルツァと一時婚約していたときに、ビアンカに贈るために制作されたバルダッサーレ・エステンセ英語版による見合い用の肖像画は、現在ドイツ・ミュンヘンアルテ・ピナコテークに所蔵されている。

参考文献編集

  • Karl Nehring: Corvin, János. In: Biographisches Lexikon zur Geschichte Südosteuropas. Band 1. München 1974, S. 326 f.
  • Hugo Weczerka (Hrsg.): Handbuch der historischen Stätten. Band: Schlesien (= Kröners Taschenausgabe. Band 316). Kröner, Stuttgart 1977, ISBN 3-520-31601-3, geschichtliche Einführung auf S. L.
  • Historische Kommission für Schlesien (Hrsg.): Geschichte Schlesiens. Bd. 1. Sigmaringen 1988, ISBN 3-7995-6341-5, S. 226–230 und 233.

引用編集

  1. ^ Johann Corvinus in der Datenbank Gedächtnis des Landes zur Geschichte des Landes Niederösterreich (Museum Niederösterreich)
  2. ^ Karl Nehring: Matthias I. Corvinus. In: Neue Deutsche Biographie (NDB). Band 16, Duncker & Humblot, Berlin 1990, ISBN 3-428-00197-4, S. 407–409.
  3. ^ Karl Brochardt: Konrad X. von Oels († 21. September 1492). In: Schlesische Lebensbilder. Band X, 2010, ISBN 978-3-7686-3508-0, S. 67.