コンコース英語: concourse[1])は、鉄道の駅空港公園博覧会の会場などにおいて、人の集合や流動を目的として設置される広い中央ホールや中央広場[2]。公園などの中央広場や駅・空港の建物の中央にある大通路を指す[3]

機能編集

「コンコース」という言葉は鉄道の駅や空港、ショッピングモールのほかにも、会議室大学、ホテルの中にある一角をさす場合が例として挙げられる。また、「ショッピングコンコース」などの使用例もある。特に鉄道駅構内の空間はホーム、昇降部、コンコース、改札に分けられる[4]。コンコースでの利用客の流動は、平面形状、昇降施設の数、流動数等の影響を受ける[4]

ネット上で人が集まる場やコミュニティを指す場合に使用されることもあり、技術学会のIEEEが「IEEEスチューデントコンコース」というコミュニティを形成するなど使用例がある。

語源編集

"concourse"(コンコース)は「人々が集まる場所」を意味する語である。この言葉は英語フランス語のほかに、ラテン語で「混ざる・一つになる」などの意味がある"concursus" や"concurrere"が語源である。 これらの言葉は「意見が一致する、同時に起こる」の意味がある英単語の"concur"にも語源学的に関連がある[5]

脚注編集

  1. ^ 英語の語幹シリーズ第4号:『コンコースの第1コースを走る通貨!』の全てに関わる語幹とは?|目標達成型英会話スクール 大阪/京都/オンラインのKEC外語学院” (日本語). 2020年7月18日閲覧。
  2. ^ 平成30年広報かさま10月号(No.151)”. 笠間市. 2022年4月10日閲覧。
  3. ^ 『広辞苑第七版』岩波書店、2018年。 
  4. ^ a b 中村 泰広、日比野 直彦、森地 茂. “鉄道駅構内における混雑状況と旅客流動に関する研究”. researchmap(科学技術振興機構). 2022年4月10日閲覧。
  5. ^ Team, Green UI. “StockTech 株式会社 | IT/Web業界への転職ならGreen(グリーン)”. www.green-japan.com. 2020年7月18日閲覧。

関連項目編集