メインメニューを開く

コンセルヴァトワール式

コンセルヴァトワール式(Conservatoire・system)は、現在一般的で主流となっている、オーボエのキーシステムのこと。

19世紀に、トリエベールという人物が、それまでの不正確な音程や困難な演奏技術などと言った、オーボエの(演奏上の)欠点を改良するために開発した。彼の改良したこのキーシステムが、フランス国立音楽・演劇学校(現・パリ国立高等音楽・舞踊学校)に認められたため、コンセルヴァトワール式と呼ばれるようになった。

注:音楽や舞踊の世界ではコンセルヴァトワールは一般にパリ国立高等音楽・舞踊学校を指して用いられることが多い。