コーニッシュレックス

猫の品種

コーニッシュレックスCornish Rex)は、の品種。 イギリス原産で、全身を覆う巻き毛が特徴。

コーニッシュレックス
Cornish Rex
BebopsLilacPrince.JPG
原産国 イギリス
各団体による猫種のスタンダード
CFA スタンダード
TICA スタンダード
FIFe スタンダード
GCCF スタンダード
AACE スタンダード
ACFA スタンダード
ACF スタンダード
CCA スタンダード

歴史編集

1950年7月21日、イギリス・コーンウォールで5匹の子猫が生まれたが、そのうちの1匹は突然変異で全身がきつめの巻き毛で覆われていた。カリバンカー (Kallibunker, Kalli)と名付けられたこの猫は、飼主が獣医に相談し遺伝学者のA.C.ジュード (A C Jude)の助言を得て、母猫と交配されることとなり、このペアから直毛のメスが1匹と巻き毛のオス2匹が生まれた。オスのうち1匹は生後7カ月で死亡したが、残ったオス猫のポルドュー(Poldhu)はカリバンカーと共にその後もシャムロシアンブルーアメリカンショートヘアなどとの交配を繰り返し、種の礎を築いた。[1]

特徴編集

 
白毛のコーニッシュレックス

細身の身体と長い脚、大きめの耳や高い頬骨が特徴だが、一番の特徴は、やわらかで絹のような手触りで、全身を覆う巻き毛である[1]

脚注編集

  1. ^ a b CORNISH REX General Description”. TICA. 2013年4月23日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集