コールドドラフト

コールドドラフトとは、冷たい窓辺から発生する下降冷気のことで、室内に温度差が生じるため空間の快適性を損なうばかりか、脳溢血や冷え性が悪化するなど身体的にも悪影響を及ぼすと言われている[1]

窓の断熱性を高めることでコールドドラフトを抑える効果がある[2]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 学ぼう!外断熱 06外断熱用語集 NPO 日本環境建築技術研究会 (2013年4月20日閲覧)
  2. ^ ECCJ 省エネルギーセンター / 地球と私たちのためのかしこい住まい方ガイド 一般財団法人 省エネルギーセンター (2013年4月20日閲覧)

関連項目編集