サイエンス・アンド・インヴェンション

アメリカ合衆国の科学技術・SF雑誌

サイエンス・アンド・インヴェンション』(Science and Invention)は、1920年8月から1931年8月までヒューゴー・ガーンズバックによって刊行された通俗技術誌。

サイエンス・アンド・インヴェンション
Science and Invention
Science and Invention Dec 1921 pg712 - Moon life.jpg
1921年12月号の表紙
ジャンル 電子機器無線科学技術
刊行頻度 月刊
発売国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
出版社 エクスペリメンター出版
発行人 ヒューゴー・ガーンズバック
刊行期間 1920年8月 - 1931年8月
テンプレートを表示

概要編集

ヒューゴー・ガーンズバックのエクスペリメンター出版では、1913年から『エレクトリカル・エクスペリメンター』を刊行していた。当初は無線を中心とした内容だったが、1918年6月号から"Science and Invention"(科学と発明)という副題が付けられ、内容は一般科学、化学、機械学へと拡大された。1920年8月号からは正式に題名を『サイエンス・アンド・インヴェンション』に変更した。それまでの無線電子工作に重点を置いた誌面構成とは異なり、SF小説に重点を置いた紙面構成だった[1]

エクスペリメンター出版が1929年2月に破産し、破産管財人によりアーサー・リンチが編集長に任命された[2]。エクスペリメンター出版の雑誌はB・A・マッキノン社に売却され、同社はエクスペリメンター出版に社名を変更した。しかし、世界恐慌の影響などにより収益が悪化し、1931年8月号を最後に業務を停止した。『ラジオニュース』と『アメージング・ストーリーズ』は別の出版社の下で継続されたが、『サイエンス・アンド・インヴェンション』は売却され、『ポピュラーメカニクス』誌に吸収された[3]

脚注編集

  1. ^ Science and Invention”. 2018年12月25日閲覧。
  2. ^ Magazine Data File: Electrical Experimenter

外部リンク編集