メインメニューを開く

サウラーシュトラ文字(サウラーシュトラもじ)は、インド南部で話されるサウラーシュトラ語を表記するための文字のひとつ。ただしタミル文字で表記される方が普通である[1]ブラーフミー系アブギダで、左から右に書かれる。

サウラーシュトラ文字
類型: アブギダ
言語: サウラーシュトラ語
Unicode範囲: U+A880..U+A8DF
ISO 15924 コード: Saur
注意: このページはUnicodeで書かれた国際音声記号 (IPA) を含む場合があります。

目次

概要編集

サウラーシュトラ語の話者はグジャラートから南インドに移住した人々の子孫と言われ、主にタミル・ナードゥ州マドゥライセーラムタンジャーヴールに分布する。19世紀末以来、タミル文字テルグ文字デーヴァナーガリー、および固有のサウラーシュトラ文字で書かれた書物が出版されているが、通常はタミル文字で書かれる[2]

構造編集

ほかのブラーフミー系文字と同様の構造を持つが、1880年代に改革が行われて簡易化され、現代のサウラーシュトラ文字ではkṣ以外の結合文字が使われなくなった[2]

子音字は34(ḷaを含む。kṣaを含めると35)、母音字は16(短い e o を含む)ある。子音記号にはアヌスヴァーラ、チャンドラビンドゥ、ヴィサルガがある。他のインドの文字と同様、子音字は単独では潜在母音aが後続し、それ以外の母音が後続するときには母音記号を加える。

子音に母音が後続しない場合にはヴィラーマ記号を加える。結合文字がほとんどないため、ヴィラーマは多用される。

サウラーシュトラ語には鼻音流音無気音と帯気音の対立があり[3](rh lh mh nh)、これらの音を表すために r l m n の文字にハール(hāru)という記号を後続させる[4]

Unicode編集

2008年のUnicodeバージョン5.1で、基本多言語面のU+A880..U+A8DFに追加された[5][6]

Saurashtra[7]
  0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 A B C D E F
U+A88x
U+A89x
U+A8Ax
U+A8Bx
U+A8Cx
U+A8Dx

脚注編集

参考文献編集

  • Masica, Colin P. (1993) [1991]. The Indo-Aryan languages (paperback ed.). Cambridge University Press. ISBN 0521299446. 

外部リンク編集