コハク酸CoAリガーゼ

GDP形成コハク酸CoAリガーゼ (Succinate—CoA ligase) は合成酵素の一種。 スクシニルCoAシンターゼコハク酸チオキナーゼスクシニルCoA合成酵素サクシニルCoA合成酵素とも言う。シンターゼリガーゼというのは合成酵素を指す。EC番号はEC6.2.1.4。

succinate-CoA ligase (GDP-forming)
2fp4.png
Pig GTP-specific succinyl-CoA synthetase with GTP. PDB2fp4[1]
識別子
EC番号 6.2.1.4
CAS登録番号 9014-36-2
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBj PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / QuickGO
テンプレートを表示

酵素学では、EC 6.2.1.4化学反応触媒する酵素

GTP +コハク酸+ CoA GDP +リン酸+サクシニル-CoA

この酵素の3の基質はGTPコハク酸、およびCoAだが、その3つの産物はGDPリン酸、およびスクシニル-CoAである。

この酵素はリガーゼファミリー 、特に酸チオールリガーゼとして炭素硫黄結合を形成するリガーゼファミリーに属している。この酵素クラスの体系的な名前は、コハク酸塩:CoAリガーゼ(GDP形成)である。一般的に使用される他の名前には、スクシニルCoAシンテターゼ(GDP形成)スクシニルコエンザイムAシンテターゼ(グアノシン二リン酸形成)コハク酸チオキナーゼコハク 酸チオキナーゼコハク酸 コエンザイムAシンテターゼコハク酸リン酸化酵素P-酵素SCSG -STKサクシニルコエンザイムAシンテターゼ(GDP形成)サクシニルCoAシンテターゼおよびサクシニルコエンザイムAシンテターゼ。この酵素はクエン酸回路プロパノエート代謝に関与している。

クエン酸回路を構成する酵素の一つで、コハク酸CoAGTPからスクシニルCoAGDPリン酸を生成する反応と、逆にスクシニルCoAコハク酸CoAに分解する反応(このときGDPGTPとなる)を触媒する。

構造研究編集

2007年後半の時点で、このクラスの酵素のために解決されているPDBのアクセッションコードは1EUC1EUD2FP42FPG2FPIおよび 2FPP の6つの構造である。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Fraser, M. E.; Hayakawa, K.; Hume, M. S.; Ryan, D. G.; Brownie, E. R. (2006). “Interactions of GTP with the ATP-grasp Domain of GTP-specific Succinyl-CoA Synthetase”. Journal of Biological Chemistry 281 (16): 11058–11065. doi:10.1074/jbc.M511785200. PMID 16481318. 

参考文献編集

  • Boyer, PD.; Lardy, H.; Myrback, K., eds (1962). Group transfer syntheses coupled to ATP cleavage. The Enzymes. 6 (2nd ed.). New York: Academic Press. pp.  387-399. ASIN B00HXKBID8. doi:10.1021/ed040pA672. ISBN 978-1483276960. OCLC 952667727 
  • KAUFMAN, S.; GILVARG, C.; CORI, O.; OCHOA, S. (1953). “Enzymatic oxidation of alpha-ketoglutarate and coupled phosphorylation”. J. Biol. Chem. 203 (2): 869–888. PMID 13084656. 
  • MAZUMDER, R.; SANADI, DR.; RODWELL, VW. (1960). “Purification and properties of hog kidney succinic thiokinase”. J. Biol. Chem. 235: 2546–2550. PMID 13768680. 
  • Sanadi, D.R.; Gibson, David M.; Ayengar, Padmasini (1954). “Guanosine triphosphate, the primary product of phosphorylation coupled to the breakdown of succinyl coenzyme A”. Biochim. Biophys. Acta 14 (3): 434–6. doi:10.1016/0006-3002(54)90205-X. PMID 13181903. 

外部リンク編集