サハラ 女外人部隊

サハラ 女外人部隊』(サハラ おんながいじんぶたい)は、小池一夫原作、平野仁作画の漫画。1973年から1976年にかけて小学館ビッグコミックオリジナル』にて連載された。1960年代のアフリカアンゴラを舞台とした、女性だけの傭兵集団「女外人部隊」のエピソードを描いている。

あらすじ編集

命と「貞操」を代価として闘う女性だけの傭兵集団。ポルトガル政府軍の傭兵として戦果を挙げていく彼女たちは、無償で戦う男性兵士から敵視され、激しい差別を受けてもいた。アンゴラの内戦も治まりつつあり、主人公であるヒステリーカにイスラエルへの異動命令が下った。ヒステリーカを慕うストロボ、スージー、ボーデンレガー、プーキーは後を追って脱走する。アメリカを拠点にヒステリーカたちの闘いは続いていく。

登場人物編集

チュチュ・ヒステリーカ
「サハラ女外人部隊」の隊長。フランス人。
ボーデンレガー
「サハラ女外人部隊」の副隊長。ドイツ人。
スージー・ハルセル
「サハラ女外人部隊」の軍曹。アメリカ人。
プーキー
「サハラ女外人部隊」の隊員。白系ロシア人(らしい)。
ストロボ
ヒステリーカ個人付きの隊員。