メインメニューを開く

サルベ橋バスク語 : Salbeko zubia, スペイン語 : Puente de la Salve)は、スペインバスク州ビスカヤ県ビルバオにある斜張橋。正式名称はスペイン皇太子橋(バスク語 : Espainiako Printzeak zubia, スペイン語 : Puente Principe de España)。

サルベ橋
Bilbao 05 2012 Guggenheim 1972.JPG
基本情報
スペインの旗 スペイン
所在地 バスク州ビスカヤ県ビルバオ
交差物件 ネルビオン川
設計者
施工者
フアン・バタネロ
建設 1972年1月9日
構造諸元
形式 斜張橋
材料 コンクリート
高さ 23.5m
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示
サルベ橋の位置(ビルバオ内)
サルベ橋
サルベ橋
ビルバオにおける位置

歴史編集

1972年、ビルバオ市街地北部でネルビオン川右岸と左岸を結ぶために建設された。設計はフアン・バタネロ。スペインで初めて建設された吊り橋であり、鉄製の橋床を持つ数少ない橋である。すぐ西側にビルバオ・グッゲンハイム美術館が建設されると、美術館開館10周年の2007年には、フランス人芸術家のダニエル・ビュランによって赤色のゲート(L’arc rouge)が追加された[1]。このポップなゲートはモダンなデザインの美術館の景観に溶け込み、今日では美術館とサルベ橋の組み合わせも人気を得ている。2008年5月には歩行者が橋を渡る際に使用するエレベーターが無料化され、年間20万人の歩行者がこのエレベーターを使用している[2]ビルバオ・トラムのグッゲンハイム停留所が最寄り駅である。

名称編集

サルベ橋やスペイン皇太子橋の他に、定冠詞を付けてラ・サルベ橋と表記されることもある。ビスケー湾からネルビオン川を上ってきた船員が、この地点でベゴニャ教会の尖塔を見てサルベ(聖母交唱)を歌ったという伝承が名称の由来である。

ギャラリー編集

イベルドローラ・タワー(左端)、カシルダ公園(左)、グッゲンハイム美術館(中)、サルベ橋(右)

脚注編集

  1. ^ Red Arches”. ビルバオ・グッゲンハイム美術館 (2006年10月20日). 2010年11月10日閲覧。
  2. ^ El ascensor de La Salve será gratuito, y quedan cuatro de pago en las calles”. 20ミヌートス (2008年3月12日). 2015年6月26日閲覧。