サンチャ・サンチェス・デ・カスティーリャ

サンチャ・サンチェス・デ・カスティーリャスペイン語:Sancha Sánchez de Castilla, 1006年 - 1027年)は、カスティーリャ伯サンチョ・ガルシアとウラカ・ゴメスの娘。バルセロナおよびジローナ伯妃。

サンチャ・サンチェス・デ・カスティーリャ
Sancha Sánchez de Castilla

出生 1006年
Flag of Castile.svg カスティーリャ伯領
死去 1027年
Flag of Catalonia.svg バルセロナ伯
配偶者 バルセロナ伯バランゲー・ラモン1世
子女 ラモン・バランゲー1世
家名 カスティーリャ家
父親 カスティーリャ伯サンチョ・ガルシア
母親 ウラカ・ゴメス・デ・サルダーニャ
テンプレートを表示

生涯編集

サンチャは1021年にバルセロナ伯・ジローナ伯バランゲー・ラモン1世と結婚し、以下の子女が生まれた。

  • ラモン・バランゲー1世(1023年 - 1076年) - バルセロナ伯、ジローナ伯
  • サンチョ・バランゲー(1058年3月6日以降) - オレルドラを首都とするリュブラガート川の南側の辺境領を継承したが、サン・ベニート・デ・バジェスの修道院に入るときに兄ラモン・バランゲーに譲り渡した。

参考文献編集

  • Ruiz Domènec, José Enrique (2006) (catalán). Quan els vescomtes de Barcelona eren. Barcelona: Fundació Noguera. pp. 117-118. ISBN 84-9779-475-3. オリジナルの2014-12-20時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141220123512/http://www.fundacionoguera.com/libros/39.vescomtes%20tot%2006.pdf 2015年2月7日閲覧。