サンチャ・デ・カスティーリャ (アラゴン王妃)

サンチャ・デ・カスティーリャスペイン語:Sancha de Castilla, 1154/5年9月21日 - 1208年11月9日)は、カスティーリャ王アルフォンソ7世とその2番目の妃リクサ・シロンスカの娘[1]。1174年1月18日、アラゴン王アルフォンソ2世と結婚し[2]、少なくとも8子を産んだ。

サンチャ・デ・カスティーリャ
Sancha de Castilla
アラゴン王
Alfons Sancha.jpg
サンチャ(右)と夫アルフォンソ2世
在位 1174年1月18日 - 1196年4月25日

出生 1154/5年9月21日
Flag of Castile.svg カスティーリャ王国トレド
死去 1208年11月9日
Siñal d'Aragón.svg アラゴン王国、ビジャヌエバ・デ・シヘナ
埋葬 Siñal d'Aragón.svg アラゴン王国、サンタ・マリア・デ・シヘナ王立修道院
結婚 1174年1月18日
配偶者 アルフォンソ2世
子女 本文参照
家名 ボルゴーニャ家
父親 カスティーリャ王アルフォンソ7世
母親 リクサ・シロンスカ
テンプレートを表示

生涯編集

サンチャはジロー・ド・カランソンやペイレ・レーモンなどの吟遊詩人のパトロンであった。サンチャは自身の寡婦財産の一部に関して、夫との間で法的争いに巻き込まれるようになった。1177年にサンチャはリバゴルサ伯領に入り、そこで王家が領有していた城や要塞を力づくで手に入れた。

1196年にペルピニャンにおいて夫が死去した後、サンチャは息子ペドロ2世により政治から遠ざけられた。サンチャは宮廷から引退し、貴族女性のためにシヘナに自身が創建した聖ヨハネ騎士団の修道院であるサンタ・マリア・デ・シヘナ王立修道院に隠棲した[3]。そこでサンチャは、聖ヨハネ騎士団に入った。サンチャは、娘コンスタンサが1208年に皇帝フリードリヒ2世と結婚するためアラゴンを離れる前に、娘をシヘナでもてなした。サンチャはその後すぐに54歳で亡くなり、サンタ・マリア・デ・シヘナ王立修道院のサンチャが建立した祭壇の前に埋葬され、現在も墓は同地に残されている。

子女編集

脚注編集

参考文献編集

  • Doran, John; Smith, Damian J. (2008). Pope Celestine III (1191-1198): Diplomat and Pastor. Ashgate 
  • Kedar, Benjamin Z.; Phillips, Jonathan; Riley-Smith, Jonathan, eds (2005). Crusades. 4. Ashgate Publishing 
  • Luscombe, David; Riley-Smith, Jonathan, eds (2004). The New Cambridge Medieval History, C.1024-c.1198. IV. Cambridge University Press 
  • Martin, Therese, ed (2012). Reassessing the Roles of Women as 'Makers' of Medieval Art and Architecture. Brill