サヴジ皇子(Savcï çelebi, SavcıBey1348年頃 - 1373年頃)は、オスマン帝国皇帝ムラト1世の長子、後継者にして反逆者。

サヴジ
الأمير يعقوب جلبي
オスマン朝皇子

出生 1348年前後?
死去 1373年頃?(20代から30代に没)
子女 ダヴット
父親 ムラト1世
テンプレートを表示

人物編集

1370年代に、アンドロニコスとともに、オスマン帝国の皇帝ムラト1世とビザンチン帝国の皇帝ヨハネス5世パリオロゴスの両方に反抗。 サヴジはムラトの3人の息子の末っ子。彼の母親の名前と生年月日は不明。オスマン帝国の伝統では、すべての王子(トルコ語: şehzade )トレーニングの一環として、州( sanjak )の知事を務める必要があった。 Savcıのサンジャクは、帝国の共同首都であるブルサエディルネと共に)。

反乱編集

反乱の終わり編集

余波編集

参考文献編集


外部リンク編集