メインメニューを開く

ザクセン=マルクスールドイツ語: Sachsen-Marksuhl)は1662年から1671年まで存在した、ヴェッティン家エルネスティン系が統治した公国。領土は現ドイツテューリンゲン州の一部にあたる。

ザクセン=マルクスール公国
Herzogtum Sachsen-Marksuhl
神聖ローマ帝国の領邦
ザクセン=ヴァイマル
1662年–1671年 ザクセン=アイゼナハ
ザクセン=マルクスールの領土
首都 マルクスール英語版
政府 公国
歴史・時代 前近代ヨーロッパ
 •  ザクセン=ヴァイマルから分割 1662年
 •  ザクセン=アイゼナハと合邦 1671年

歴史編集

1662年、ザクセン=ヴァイマル公ヴィルヘルム英語版が死去した。予定では次男のアドルフ・ヴィルヘルム英語版と三男のヨハン・ゲオルク1世が共同でザクセン=アイゼナハを統治するが、争いの結果ヨハン・ゲオルク1世はアイゼナハからの収入の一部を得る代わりにアイゼナハ公位を放棄、マルクスール英語版に居城を構えた。

1671年、アドルフ・ヴィルヘルムの息子でザクセン=アイゼナハ公を継承したヴィルヘルム・アウグスト英語版が2歳で夭折して ザクセン=アイゼナハ公家が断絶すると、ヨハン・ゲオルク1世はザクセン=アイゼナハ公になり、マルクスールも公国に併合された。

ザクセン=マルクスール公の一覧編集

脚注編集