ザ・リヴァーボート・ソング

ザ・リヴァーボート・ソング」 (The Riverboat Song) は、ロックバンド、オーシャン・カラー・シーン (OCS) による楽曲である。

ザ・リヴァーボート・ソング
オーシャン・カラー・シーンシングル
初出アルバム『モーズリー・ショールズ
リリース
規格 CD、レコード
ジャンル ブリットポップオルタナティヴ・ロック
時間
レーベル アイランド・レコード
プロデュース ブレンダン・リンチ
オーシャン・カラー・シーン シングル 年表
ドゥ・ユアセルフ・ア・フェイヴァー
(1992)
ザ・リヴァーボート・ソング
(1996)
ユーヴ・ガット・イット・バッド
(1996)
ミュージックビデオ
「The Riverboat Song」 - YouTube
テンプレートを表示

この曲は、主要なリフや歌詞の一部など、レッド・ツェッペリンの「フォア・スティックス」に多大な影響を受けている。同曲と同様に、この曲ではロックにおいて一般的な4/4拍子ではなく、6/8拍子が使われている。BBCラジオ1のDJであったクリス・エヴァンズが自らのラジオ番組で頻繁でオンエアし、テレビ番組『TFIフライデイ』のゲストとして紹介したりしたため、広く知られることとなった。

結果として、1996年2月にシングルとしてリリースされ、全英シングルチャートでは15位を記録。この影響もあって、アルバム『モーズリー・ショールズ』からは、続く2枚のシングル、「ユーヴ・ガット・イット・バッド」 (7位)、「ザ・デイ・ウィ・コート・ザ・トレイン」 (4位) もヒットした。

OCSのギタリスト、スティーヴ・クラドックは、スコットランドのシンガーソングライター、エイミー・マクドナルドのライヴに参加し、この曲を演奏している。

収録曲 編集

  1. ザ・リヴァーボート・ソングThe Riverboat Song
  2. ソー・サッドSo Sad
  3. チャーリー・ブラウン・セッズCharlie Brown Says

外部リンク 編集