メインメニューを開く

シアノアセチレン(Cyanoacetylene)は、H-C≡C-C≡Nの構造式を持つ有機化合物である。最も単純なシアノポリインである。シアノアセチレンは、分光法を用いて、星間雲[2]ヘール・ボップ彗星コマタイタンの大気[3]からも検出されている。また、シアノアセチレンは、ユーリー-ミラーの実験で生成する物質の1つでもある。

シアノアセチレン[1]
{{{画像alt1}}}
{{{画像alt2}}}
識別情報
CAS登録番号 1070-71-9 チェック
PubChem 14055
特性
化学式 C3HN
モル質量 51.05 g mol−1
融点

°C, 278 K, 41 °F

沸点

42.5 °C, 316 K, 109 °F

特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

関連項目編集

出典編集

  1. ^ Murahashi, Shunsuke; Takizawa, Takeo; Kurioka, Shohei; Maekawa, Seiji (1956). “Cyanoacetylene. I. The synthesis and some chemical properties”. Nippon Kagaku Zasshi 77 (11): 1689-1692. doi:10.1246/nikkashi1948.77.1689. 
  2. ^ Solomon, Philip M (1973). “Interstellar molecules”. Physics Today 26 (3): 32-40. doi:10.1063/1.3127983. 
  3. ^ H. B. Niemann, et al. (2005). “The abundances of constituents of Titan's atmosphere from the GCMS instrument on the Huygens probe”. Nature 438 (7069): 779-784. Bibcode2005Natur.438..779N. doi:10.1038/nature04122. PMID 16319830.