シェションク4世Sheshonk IVまたはShoshenq IV、在位:紀元前798 - 785年頃)は古代エジプト第22王朝の第6代ファラオ。即位名は「明るきはラーの出現、ラーに選ばれしもの」を意味するヘジュケペルラー・セテプエンラー[1]

概要編集

研究者の間では長年、シェションクの名で知られる王たちの内、ヘジュケペルラーの即位名を使用したのは初代のシェションク1世だけだと考えられていた。だが80年代以降の研究でヘジュケペルラーを名乗った同名の王が他にも存在した可能性が浮上した[2][3]

第22王朝時代の王が残した記念物や文書の中にはシェションク・メリアメン・サバスト・ネチェルヘカオンという王名を記した物が散見される[4]。サバストはオソルコン2世の治世から、ネチェルヘカオンはそれ以降の王たちの時代から用いられた名前であるため、この長い名前を使用した王が少なくともシェションク3世(彼はオソルコン2世の後継者であることが確定している)よりも後の人物であることが想定された[5]。 また、タニスのシェションク3世墓からは、シェションク3世自身の石棺以外にも、明らかに後から入れられたと分かる被葬者不明の石棺が、ヘジュケペルラー・シェションクの名を刻印したカノプス壺と共に見つかっている[5][4][6]

こうした幾つかの論拠から、ドドソンをはじめとする何人かの研究者たちはもう一人のヘジュケペルラー・シェションク王がシェションク3世の継承者であったと結論付け、シェションク4世の名を適用した。また、それまで暫定的にシェションク4世の名で呼ばれてきた第23王朝のウセルマアトラー・メリアメン・シェションク[7][1]シェションク6世という呼び名に改められた。 また、前述のカノプス壺に記された日付から、約10年間の治世がシェションク4世に割り振られ、通説で50年近く在位したと考えられていたシェションク3世の治世は40年弱に短縮された。

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

  1. ^ a b クレイトン 1998, p.236
  2. ^ D. Rohl: ‘Questions and Answers on the Chronology of Rohl and James’, Chronology & Catastrophism Workshop 1986:1, p. 22.
  3. ^ Dodson 1993, pp.53-58.
  4. ^ a b Dodson 1993, p.55.
  5. ^ a b Dodson 1994, p. 93.
  6. ^ Dodson 1993, pp.54-55
  7. ^ K. A. Kitchen: The Third Intermediate Period in Egypt (1100-650 BC), 1st edition (1973), p.87.

注釈編集

参考文献編集

  • ピーター・クレイトン『古代エジプト ファラオ歴代誌』吉村作治監修、藤沢邦子訳、創元社、1999年4月。ISBN 4422215124
  • エイダン・ドドソン、ディアン・ヒルトン『全系図付エジプト歴代王朝史』池田裕訳、東洋書林、2012年5月。ISBN 978-4-88721-798-0
  • Kitchen, Kenneth Anderson (1986) (英語). The Third Intermediate Period in Egypt, 1100-650 B.C.. Aris & Phillips. pp. 112. ISBN 9780856682988. https://books.google.com/books?id=vde0QgAACAAJ. 
  • A. Dodson: ‘A new King Shoshenq confirmed?’, Göttinger Miszellen 137 (1993)
  • A. Dodson: The Canopic Equipment of the Kings of Egypt (1994)
先代:
シェションク3世
古代エジプト王
165代
紀元前798 ‐ 785年頃
次代:
パミ