シカンダル (カシュミール・スルターン朝)

シカンダル(Sikandar, 生年不詳 - 1413年)は、北インドカシュミール・スルターン朝の君主(在位:1389年 - 1413年)。その治世、ヒンドゥー教に対する弾圧を加え、ヒンドゥーの寺院や偶像を破壊したため、「偶像破壊者」(Butshikan)と呼ばれた[1][2][3]

生涯編集

 
シカンダルの徘徊したとされる寺院

1389年、シカンダルは父王クトゥブッディーンの死により、即位した[4]。彼は王朝の創始者シャー・ミールの孫にあたる[5]

この時代はムスリムの聖者や亡命者が中央アジアからカシュミール地方に流入し、社会が大きく変容していた時代でもあった[6]。これは中央アジアにティムール朝が成立したことが大きかった。また、ヒンドゥー教とイスラーム教のいくつかの特徴を結びつけた「リシ」と呼ばれるスーフィー聖者が興隆していた[7]

一部は聖者らの布教によって、また一部は下層民が力によってイスラームによって改宗した。シカンダルはイスラーム教の熱烈な信者であったため、この流れをさらに加速させた[8]。伝承の多くは、これをグブラウィー教団サイイド・アリー・ハマダーニーの影響に帰結している[9]1393年にカシュミールにやって来たミール・ムハンマド・ハマダーニーも大きな影響を与えた[10]

シカンダルはバラモンに激しい迫害を加え、彼はヒンドゥー教徒にムスリムになるか、カシュミールを出ていくかの、二つに一つの厳しい選択を迫った[11]。ヒンドゥー教徒の寺院は破壊され、金銀の偶像は溶かされて通貨にされた[12]。ヒンドゥー教徒は改宗するか、カシュミールから逃げるか、あるいは両方を拒んで殺されるものが続出した[13]。これらの命令は王国の大臣でヒンドゥー教からイスラーム教に改宗したスーハ・ハダの提案によるものであったという[14]

これら一連の行動により、14世紀末にカシュミール地方のイスラーム化が大きく進行した[15]。とはいえ、一連の行動は必ずしも在来の信仰を排除するためのものでなく、共存、あるいは融合する動きも含んでいたとする説もある[16]。政権の運営にはヒンドゥー教とも多く参加しており、王族とヒンドゥー教徒との通婚もしばしば行われた[17]。シカンダルは「偶像破壊者」の称号を帯びているが、それはムスリム王朝成立から半年たってもまだ、ヒンドゥー教の信仰が盛んであったことを示していると考えることもできる[18]

また、シカンダルは学者を手厚く保護し、西アジアから多くの学者がこの地へと移った[19]

シカンダルの死後、その年長の息子アリー・シャーが王となった[20]。だが、1420年に彼はメッカへと巡礼に行き、その弟ザイヌル・アービディーンが王位を継承した[21]

脚注編集

  1. ^ ロビンソン『ムガル皇帝歴代誌』、p.160
  2. ^ 小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』、p.133
  3. ^ (Muhammad Qãsim Hindû Shãh Firishta : Tãrîkh-i-Firishta, translated by John Briggs under the title History of the Rise of the Mahomedan Power in India, first published in 1829, New Delhi Reprint 1981)
  4. ^ Kashmir
  5. ^ Kashmir
  6. ^ チャンドラ『中世インドの歴史』、p.183
  7. ^ チャンドラ『中世インドの歴史』、p.183
  8. ^ チャンドラ『中世インドの歴史』、p.183
  9. ^ 小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』、p.133
  10. ^ M.S. Asimov, Vadim Mikhaĭlovich Masson, Ahmad Hasan Dani, Unesco, Clifford Edmund Bosworth, Muḣammad Osimī, János Harmatta, Boris Abramovich Litvinovskiĭ (1992). Clifford Edmund Bosworth, Muḣammad Osimī. ed. History of Civilizations of Central Asia. 4. Paris: Motilal Banarsidass Publ., 1999. pp. 485. ISBN 9788120815957 
  11. ^ チャンドラ『中世インドの歴史』、p.183
  12. ^ チャンドラ『中世インドの歴史』、p.183
  13. ^ Kaw, K.; Kashmir Education, Culture, and Science Society (2004). Kashmir and Its People: Studies in the Evolution of Kashmiri Society. A.P.H. Publishing Corporation. ISBN 9788176485371. https://books.google.co.in/books?id=QpjKpK7ywPIC 2015年7月7日閲覧。 
  14. ^ チャンドラ『中世インドの歴史』、p.183
  15. ^ 小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』、p.133
  16. ^ 小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』、p.133
  17. ^ 小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』、p.133
  18. ^ 小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』、p.133
  19. ^ ロビンソン『ムガル皇帝歴代誌』、p.160
  20. ^ Kashmir
  21. ^ ロビンソン『ムガル皇帝歴代誌』、p.160

参考文献編集

  • フランシス・ロビンソン、月森左知訳 『ムガル皇帝歴代誌 インド、イラン、中央アジアのイスラーム諸王国の興亡(1206年 - 1925年)』 創元社、2009年。 
  • 小谷汪之 『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』 山川出版社、2007年。 
  • サティーシュ・チャンドラ、小名康之、長島弘訳 『中世インドの歴史』 山川出版社、2001年。 

関連項目編集