メインメニューを開く

シャットダウン (shutdown) とは、計算機を停止するという意味の言葉である。原子炉経済などについても用いることがある。

目次

概要編集

UNIX系OSおよびWindowsでは、shutdownコマンドは計算機の電源を切ったり、計算機を再起動したりするのに用いる。Linux Standard Baseでも指定コマンドになっている[1]

実行例編集

このコマンドでよく使う実行例として、システムをすぐに停止するためのshutdown -h nowや、再起動するためのshutdown -r nowがある。このほかによく使う実行例として、シャットダウンまでの時間を指定するものがある。たとえば、shutdown -r 60はコマンドを発行してから60秒後に計算機を再起動する。

なお、これらの実行例はBSDの子孫、あるいはそれに似たコマンド体系のシステムで用いられるものであり、System V系UNIX、Windowsと各々違った引数をとる。たとえば、すぐにシステムを停止する場合の実行例はSystem V系UNIXではshutdown -i 0 -g 0 -yとなり、Windowsではshutdown -s -t 0となる。さらに、同じ種類のオペレーティングシステムでも、微妙にコマンドの引数や意味が異なっていることがある。

制約編集

スーパーユーザー(通常はroot)にならなくてはシステムをシャットダウンすることはできない。これにより、非特権ユーザーが意図しないシャットダウンを実行してサーバに障害を与えることを防ぐことができる。

なお、BSD系UNIXにはoperatorグループという計算機の管理をするためのグループがあり、これに入っているユーザーはスーパーユーザーにならずにshutdownコマンドを実行できる。

Windows XPでは、デスクトップ上のスタートメニューの中の終了オプション(ホットキーU)を選ぶことでパソコンやサーバのシャットダウンを行う。終了オプションにはスタンバイ休止状態(Shift+スタンバイ)、電源を切る、再起動の4つがある。shutdownコマンドプロンプトからも実行できる。

出典編集

関連項目編集