シュタイニッツ・ディフェンス

シュタイニッツ・ディフェンス (Steinitz Defence) は、チェスオープニングの1つで、ルイ・ロペスの変化の1つである。右図がシュタイニッツ・ディフェンスの基本形で[1]、基本形までの手順は1.e4 e5 2.Nf3 Nc6 3.Bb5 d6である[2]。初代公式世界チャンピオンヴィルヘルム・シュタイニッツが好んで指したことからこの名前が付いた[3]

シュタイニッツ・ディフェンス
abcdefgh
8
Chessboard480.svg
a8 black rook
c8 black bishop
d8 black queen
e8 black king
f8 black bishop
g8 black knight
h8 black rook
a7 black pawn
b7 black pawn
c7 black pawn
f7 black pawn
g7 black pawn
h7 black pawn
c6 black knight
d6 black pawn
b5 white bishop
e5 black pawn
e4 white pawn
f3 white knight
a2 white pawn
b2 white pawn
c2 white pawn
d2 white pawn
f2 white pawn
g2 white pawn
h2 white pawn
a1 white rook
b1 white knight
c1 white bishop
d1 white queen
e1 white king
h1 white rook
8
77
66
55
44
33
22
11
abcdefgh

主な変化編集

4.d4 Bd7 5.Nc3 ed 6.Nxd4 Nf6 7.0-0 Be7である[1]

黒の4手目で4.… Bg4と指すのは5.d5 a6 6.Ba4 b5 7.dc ba 8.c4と進行しd5を白に押さえられるので黒が不利な展開となる[3]

白の5手目で5.deと指した場合、黒が5.… deと指せば形勢互角[3]。しかし5.… Nxe5と指すと6.Nxe5 de 7.Qd5と進行し白が有利になる[3]。この手順の途中で6.… Bxb5?と指すと7.Nxf7で黒はポーンを損する[3]

黒の5手目では5.… Nf6と指す手もある[3]。その後は6.Bxc6 Bxc6 7.Qd3 ed 8.Nxd4 Bd7と進行する[3]

黒の6手目では6.… g6とフィアンケットする手もある[3]。その後は7.Be3 Bg7 8.Qd2 Nf6 9.f3 0-0と進行する[3]

参考文献編集

脚注・出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 『定跡と戦い方』、61-62頁。
  2. ^ 『定跡と戦い方』、57、61-62頁。
  3. ^ a b c d e f g h i 『定跡と戦い方』、62頁。
  4. ^ ISBNコードは新装版のもの。