メインメニューを開く
シュリーマン・ディフェンス
abcdefgh
8
Chessboard480.svg
a8 black rook
c8 black bishop
d8 black queen
e8 black king
f8 black bishop
g8 black knight
h8 black rook
a7 black pawn
b7 black pawn
c7 black pawn
d7 black pawn
g7 black pawn
h7 black pawn
c6 black knight
b5 white bishop
e5 black pawn
f5 black pawn
e4 white pawn
f3 white knight
a2 white pawn
b2 white pawn
c2 white pawn
d2 white pawn
f2 white pawn
g2 white pawn
h2 white pawn
a1 white rook
b1 white knight
c1 white bishop
d1 white queen
e1 white king
h1 white rook
8
77
66
55
44
33
22
11
abcdefgh

シュリーマン・ディフェンス (Schliemann Defence) は、チェスオープニングの1つで、ルイ・ロペスの変化の1つである。エーニッシュ・ギャンビット (Jaenisch Gambit) と呼ばれることもある。右図がシュリーマン・ディフェンスの基本形で[1]、基本形までの手順は1.e4 e5 2.Nf3 Nc6 3.Bb5 f5である[2]

主な変化編集

4.d3 fxe4 5.dxe4 Nf6 6.0-0 d6 7.Nc3 Be7 8.Nd5[3]

この進行は白が有利な展開である[3]

白の4手目で4.d4と指すと4.… fxe4 5.Nxe5 Nxe5 6.dxe5 c6 7.Be2 Qa5+と進行し黒が有利[3]。4.Nc3と指すと黒は4.… fxe4か4.… Nf6と指すようになる[1]。なお4.… Nd4と指すのは5.exf5 Nf6 6.0-0 c6 7.Be2 d6 8.Re1 Nxf5 9.d4と進行し白が有利[3]

4.Nc3 fxe4と指したときは5.Nxe4 d5 6.Nxe5 dxe4 7.Nxc6 Qd5 8.c4 Qd6 9.Nxa7+ Bd7 10.Bxd7+ Qxd7と進行し激しいゲームになる[1]。この途中黒の7手目で7.… bxc6と指すのは8.Bxc6+ Bd7 9.Qh5+と進行し白が有利[3]。一方4.Nc3 Nf6と指すと5.exf5 Bc5 6.Nxe5 Nxe5 7.d4と進行する[3]。この途中黒の5手目で5.… e4と指すのは6.Ng5 d5 7.d3 Bxf5 8.dxe4 dxe4 9.Qe2 Bb2 10.Bd2 Qe7 11.Qc4と進行し白が有利[3]

参考文献編集

脚注・出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『定跡と戦い方』、62-63頁。
  2. ^ 『定跡と戦い方』、57、62-63頁。
  3. ^ a b c d e f g 『定跡と戦い方』、63頁。
  4. ^ ISBNコードは新装版のもの。