メインメニューを開く

シューティングガード

バスケットボールのポジション

シューティング・ガードバスケットボールのポジションの呼び名。略称SGShooting guard)。

ポジション名を番号で呼ぶときは「2番」、また「オフ・ガード」や「セカンド・ガード」と呼ばれることもある。(※バスケットボールにおいてポジションはそれほど厳密でなく、各プレイヤーが多くの役割をこなすことが理想である。)

概説編集

コート内では3PTなど長距離からのシュートを得意とし、得点を稼ぐ役割を担う。また、スピードを活かしてカットインペネトレイションを得意とする選手も多い。一般にこのポジションの選手はポイントガードの選手よりも身長が高く、ショット回数もポイントガードより多くなる。またフリーでショットを打つ為に、ウィークサイドで待ったり、味方のスクリーンを活用するなど戦術によって役割も異なる。 ポイントガードの補佐も行うため、ボールハンドリングやパス、高い位置での判断力に優れた選手が務めることが望ましい。

また、多くのシューティングガードの選手がスモールフォワードを兼任することができる。こうした選手はスウィングマンと呼ばれ、試合中、状況に応じてポジションを変更する。また、ポイントガードを兼任できる選手はコンボガードと呼ばれる。

出典編集