シルヴィウス・レオポルト・ヴァイス

シルヴィウス・レオポルト・ヴァイスSylvius Leopold Weiss, 1687年10月12日 ブレスラウ - 1750年10月16日 ドレスデン)は、ドイツ後期バロック音楽作曲家リュート奏者。父親のヨハン・ヤーコプもリュート奏者だった。地元の宮廷に仕えた後、ローマやドレスデンで活躍した。1686年誕生説もあるが、資料の裏づけから実際に1687年に生まれたことが分かっている。名は“Silvius”、姓は“Weiß”という綴りもある。

シルヴィウス・レオポルト・ヴァイス

生前は最も有名で、かつ技術的に最も洗練されたリュート奏者であった。トレモロ奏法の発明者[要出典]。多産なリュート曲の作曲家でもあり、約650曲以上(未考証を含めると約850曲)を残した[1]。ヴァイスの作品の多くは、ソナタ組曲舞曲などに分けられる。室内楽協奏曲も作曲したといわれているが、これらの分野の作品のほとんどが現存していない。
作品の整理番号には、Smith番号(Sm 1〜580)、Klima番号(Klima 1〜399)、WeissSW番号(WeissSW 1〜853)がある[2]

後半生においてヴァイスはヨハン・ゼバスティアン・バッハと親交を結んだ。ヨハン・フリードリヒ・ライヒャルトは、2人が即興演奏を楽しんだとする言い伝えを記録している。

ヴァイスの息子ヨハン・アドルフ・ヴァイスは、ドレスデンの宮廷リュート奏者として彼の跡を継いだ。

脚注編集

  1. ^ ダグラス・オールトン・スミス編『Silvius Leopold Weiß:Sämtliche Werke für Laute(1〜4巻)』ペータースフランクフルト)、1983〜1990年
    ティム・クロフォード、ディーター・キルシュ共編『Silvius Leopold Weiß:Sämtliche Werke für Laute(5〜10巻)』ベーレンライターカッセル)、2002〜2013年
  2. ^ https://www.slweiss.de/index.php?id=3&type=worklist

外部リンク編集