シンダールSindar)は、J・R・R・トールキンの『指輪物語』『シルマリルの物語』に登場する種族。シンダールとは「灰色エルフ」のことを指す。しかしシンダールは自らを単にエゼルEdhel彼らの言葉でエルフの意味、複数形: Edhil、エジル)と称した。 ヴァラールの呼び出しに応えクウィヴィエーネンを旅立ったが、海を渡らず、アマンにたどり着かなかったエルフクウェンディ)のうち、エルウェ(灰色マント王シンゴル)に率いられてベレリアンドに入ったテレリの一族。エルダールナンドールらとともにウーマンヤールに含まれ、アヴァリとともにモリクウェンディに含まれる。

シンゴルの妻であるメリアン中つ国沿岸域を守るオッセウイネンの3名のマイアールから比護と様々な知識と技術を与えられており、シンゴルの王国は他のモリクェンディとは一線を画した国力を有していた。そのため、薄暮のエルフElves of the Twilight)と呼ばれることもあったという。

関連項目編集