メインメニューを開く

ジェイムズ・ハミルトン (第2代ハミルトン侯爵)

第2代ハミルトン侯爵ジェイムズ・ハミルトン

第2代ハミルトン侯爵及び第4代アラン伯爵ジェイムズ・ハミルトン英語: James Hamilton, 2nd Marquess of Hamilton and 4th Earl of Arran1589年 - 1625年3月2日)は、スコットランドの貴族、政治家。

1599年から1604年にかけてエイヴェン卿の儀礼称号を使用した。

経歴編集

1589年に初代ハミルトン侯爵ジョン・ハミルトン英語版とその妻アンの間の息子として生まれる[1]

1604年4月6日に父の死によりハミルトン侯爵位を継承した。1609年3月には伯父の死によりアラン伯爵位を継承した。1613年1月にはスコットランドの枢密顧問官英語版1617年8月にはイングランドの枢密顧問官に列する[1]

1619年6月にイングランド貴族爵位のケンブリッジ伯爵に叙せられ、イングランド議会の貴族院議員に列する。1621年にはスコットランド議会ロード・ハイ・コミッショナー英語版を務めた[1]

1621年から1624年にかけてジェントルマン・オブ・ザ・ベッドチェンバー英語版を務めた。1623年2月にガーター勲章ナイトに叙される。1624年から1625年まで宮内長官英語版を務めた[1]

1625年3月2日ロンドンで死去した[1]

栄典編集

爵位編集

勲章編集

家族編集

1603年に第7代グレンケーン伯爵英語版ジェイムズ・カニンガム英語版の娘アン・カニンガム英語版と結婚し、彼女との間に5子を儲けた[1]

出典編集