メインメニューを開く

ジェレプ・ラ峠(ジェレプ・ラとうげ、英語:Jelep La)は、インドシッキム州東シッキム県の峠。標高は 4,267 m。

ジェレプ・ラ
Jelep-la-tibetan-frontier-1936.jpg
ジェレプ・ラ峠
所在地 インド (シッキム州) – 中国 (チベット自治区)
位 置 北緯27度22分2秒 東経88度51分57秒 / 北緯27.36722度 東経88.86583度 / 27.36722; 88.86583座標: 北緯27度22分2秒 東経88度51分57秒 / 北緯27.36722度 東経88.86583度 / 27.36722; 88.86583
標 高 4270 m
山 系 ヒマラヤ
ジェレプ・ラ峠の位置(シッキム州内)
ジェレプ・ラ峠
ジェレプ・ラ峠 (シッキム州)
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示
ジェレプ・ラ峠
繁体字 則里拉山口
簡体字 则里拉山口

歴史編集

この峠は交易の要衝路であり、1884年頃にはイギリスがシッキムにつながる道路を建設した。

1910年には、中国のチベット侵攻からインドへ逃げるダライ・ラマ13世もこの峠を通過した。

出典・脚注編集

関連項目編集