ジェームズ・ソーンヒル

ジェームズ・ソーンヒル(Sir James Thornhill、1675年7月25日 - 1734年5月4日、生年は1676年とも)はイギリスの画家である。多くの建物の壁画を描いた。宮廷画家に任じられ、画家として最初にサーの称号を得た人物になった。

ジェームズ・ソーンヒル
James Thornhil
Sir James Thornhill, 1675-1734 RMG BHC3053.tiff
Marcellus Laroonによる肖像画
生誕1675年7月25日
イギリス,ウェイマス
死没1734年5月4日
イギリス,ウェイマス

生涯編集

イングランド、ドーセットウェイマスのMelcombe Regisで生まれた。14歳で装飾画家のハイモア(Thomas Highmore: 1660–1720)の徒弟になった。そのころイギリスで仕事をしていたイタリアの画家、アントニオ・ヴェッリオ(Antonio Verrio)やフランスの画家、ルイ・ラゲール(Louis Laguerre)からも多くを学んだ。1696年に徒弟の期限が終わり、1704年にロンドンの装飾画家の同業者組合(Painter-Stainers' Company of London)に加入が認められた。

宮殿などの内装の装飾画を描き、1707年からオールド・ロイヤル・ネイバル・カレッジの装飾を描き、1715年にセントポール大聖堂の装飾画を依頼される[1]など多くの建物に壁画を描いた。

彼は1718年に宮廷画家に選ばれ、 1720年に国王ジョージ1世からサーの称号を受けた[2] 。1723年に王立協会の会員に選ばれ、当時、王立協会の会長であったアイザック・ニュートンの肖像画も残している。1722年から1734年まで議会の議員も務めた[3]

1722年にロンドンに絵画学校を開き、1725年に後に有名な風俗画家になるウィリアム・ホガースが入学してきた。ホガースはソーンヒルの娘と駆け落ちし、1729年に正式に結婚した。

作品編集

脚注編集

  1. ^ Barber, Tabitha. “Thornhill, Sir James (1675/6–1734)”. Oxford Dictionary of National Biography. Oxford University Press. 2010年9月23日閲覧。 (要購読、またはイギリス公立図書館への会員加入)
  2. ^ William Arthur Shaw: The Knights of England. Band 2, Sherratt and Hughes, London 1906, S. 281.
  3. ^ THORNHILL, Sir James (c.1675-1734), of Thornhill, Dorset.”. History of Parliament Online. 2019年5月3日閲覧。

参考文献編集

  • Barber, Tabitha, ‘Thornhill, Sir James (1675/6–1734)’, Oxford Dictionary of National Biography, Oxford University Press, 2004; online edn, Jan 2008, accessed 23 Sept 2010.
  • Souden, David (2004). Wimpole Hall. National Trust. p. 14.
  • Raffaele De Giorgi, "Couleur, couleur!". Antonio Verrio: un pittore in Europa tra Seicento e Settecento (Edifir, Firenze 2009). ISBN 9788879704496

関連図書編集

  • Memorial of Sir James Thornhill (The Gentleman's Magazine and Historical Chronicle, Volume 195, Jan 1855) p486 ff.
  • Sir James Thornhill (Dictionary of National Biography, 1885–1900, Volume 57).
  • "Thornhill, Sir James" . Encyclopædia Britannica. 26 (11th ed.). 1911. p. 880.