メインメニューを開く

ジェームズ・ブレーク

ジェームズ・ライリー・ブレークJames Riley Blake, 1979年12月28日 - )は、アメリカニューヨーク州ヨンカーズ出身の元男子プロテニス選手。ATPツアーでシングルス10勝、ダブルス7勝を挙げた。シングルス自己最高ランキングは4位(2006年11月20日付)。身長185cm、体重83kg、右利き。

ジェームズ・ブレーク
James Blake
Tennis pictogram.svg
Blake WM13-008 (9485638202) (2).jpg
ジェームズ・ブレーク
基本情報
フルネーム James Riley Blake
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 同・ニューヨーク州
ヨンカーズ
生年月日 (1979-12-28) 1979年12月28日(39歳)
身長 185cm
体重 83kg
利き手
バックハンド 片手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1999年
引退年 2013年
ツアー通算 17勝
シングルス 10勝
ダブルス 7勝
生涯通算成績 498勝377敗
シングルス 366勝256敗
ダブルス 132勝121敗
生涯獲得賞金 $7,981,786
4大大会最高成績・シングルス
全豪 ベスト8(2008)
全仏 3回戦(2006)
全英 3回戦(2006・07)
全米 ベスト8(2005・06)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 ベスト8(2005)
全仏 2回戦(2002)
全英 ベスト4(2009)
全米 2回戦(2000・01)
国別対抗戦最高成績
デビス杯 優勝(2007)
ホップマン杯 優勝(2003・04)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 4位(2006年11月20日)
ダブルス 31位(2003年3月31日)

デビスカップ2007でのデビスカップアメリカ合衆国代表の優勝に貢献。2003年・2004年ホップマンカップ優勝。2006年テニスマスターズカップ準優勝。

目次

選手経歴編集

ブレークは5歳からテニスを始めた。13歳の時、重症の「脊柱側弯症」(scoliosis)と診断され、テニスを断念した時期がある。1998年に名門ハーバード大学へ入学したが、2年で中退、1999年からプロテニス選手になった。一時期は男性モデルの仕事をしたこともある。ブレークの名が世に知れわたったのは、2001年全米オープン2回戦。対戦相手のレイトン・ヒューイットがフット・フォールトを黒人の線審に指摘され、その線審とブレークを交互に指差して、主審に暴言を吐き、この発言をテレビカメラのマイクが拾ったことから、会場は騒然となった。試合では4-6, 6-3, 6-2, 3-6, 0-6でブレークが敗れたのだが、ヒューイットのマナーの悪さが話題となり、その時の対戦相手として知られるようになった。加えて、2002年全米オープン3回戦でも二人が対戦することとなり、ブレークは7-6, 3-6, 4-6, 6-3, 3-6のフルセットで敗れたものの、前年のヒューイットの暴言事件の話題が再燃し、ブレークの名はヒューイットの暴言の相手だったことで広く認知されるに至った。 その後は、苦難が続き、2004年5月に練習中に首を痛め、2ヶ月間の戦線離脱を余儀なくされる。その間に父親を病気で亡くす不幸もあった。また、ある朝に顔の左半分が麻痺してしまい、視覚と聴覚にも不調をきたしたとされる。 そうした苦難を乗り越えて復活、2005年全米オープンでは、自身初の準々決勝進出を果たした。対戦相手は当時、全米オープン20年連続出場の大ベテランアンドレ・アガシ。ブレークは2セット先行しながらも、続く3セットを落とし、6-3, 6-3, 3-6, 3-6, 6-7のフルセットでアガシに逆転負けした。

2006年のシーズンに入り、ブレークは1月のシドニー国際と2月末のテニス・チャンネル・オープンで優勝した。加えて、3月上旬には、4大大会に次ぐ規模の大会のATPマスターズシリーズインディアンウェルズ・マスターズで初の決勝戦に進出した。当時世界1位のロジャー・フェデラーに5-7, 3-6, 0-6のスコアで完敗し準優勝に終わったが、大会後の世界ランキングで9位となり自身初のトップ10入りを果たす。この年は男子ツアーで自己最高記録となる年間5勝を挙げ、世界ランキング上位8名しか出場資格を得られない年間最終戦テニス・マスターズ・カップにも初出場を果たした。この大舞台でブレークは決勝に進んだが、決勝ではフェデラーに0-6, 3-6, 4-6のストレートで敗れ準優勝に終わった。

2008年には、デルレイビーチ国際テニス選手権の決勝で日本錦織圭に6-3, 1-6, 4-6の逆転で敗れ、結果、錦織圭の初優勝の対戦相手となった。 また、同年8月の北京五輪でブレークは米国代表として出場。準々決勝では、第1シードのフェデラーを6-4, 7-6(2)で破り、ベスト4に勝ち進み、メダル獲得の期待が大いに高まったが、準決勝でフェルナンド・ゴンサレスに6-4, 5-7, 9-11で敗れ、3位決定戦でもノバク・ジョコビッチに3-6, 6-7で敗れ、惜しくもメダル獲得はならなかった。

2009年ウィンブルドン選手権男子ダブルスで、ブレークは同じアメリカのマーディ・フィッシュとペアを組んでベスト4に進出した。2人は1回戦で全仏オープン優勝のルーカス・ドロウヒー/リーンダー・パエス組を破って波に乗り、以後もシードペアを連破して勝ち進んだ。準決勝では第2シードのダニエル・ネスター/ネナド・ジモニッチ組に7-5, 6-3, 2-6, 6-7, 8-10の逆転で敗れ、決勝進出を逃した。

ブレークは男子テニス国別対抗戦・デビスカップアメリカ合衆国代表選手としても、2001年から出場を続けている。黒人テニス選手のアメリカ代表入りは、アーサー・アッシュマラビーヤ・ワシントンに続いて史上3人目となる。2007年11月30日-12月2日の決勝戦で、アメリカはロシアを破って12年ぶりのデ杯優勝を果たし、ブレークもシングルス第2試合・第5試合の勝利でアメリカの優勝に貢献した。

ブレークは2013年全米オープンを最後に33歳で現役を引退した[1]

ATPツアー決勝進出結果編集

シングルス: 24回 (10勝14敗)編集

大会グレード
グランドスラム (0-0)
ATPワールドツアー・ファイナル (0-1)
ATPワールドツアー・マスターズ1000 (0-2)
ATPワールドツアー・500シリーズ (1-1)
ATPワールドツアー・250シリーズ (9-10)
サーフェス別タイトル
ハード (10-9)
クレー (0-2)
芝 (0-3)
カーペット (0-0)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2002年2月25日   メンフィス ハード (室内)   アンディ・ロディック 4–6, 6–3, 5–7
準優勝 2. 2002年7月15日   ニューポート   テーラー・デント 1–6, 6–4, 4–6
優勝 1. 2002年8月12日   ワシントンD.C. ハード   パラドーン・スリチャパン 1–6, 7–6(5), 6–4
準優勝 3. 2003年8月25日   ロングアイランド ハード   パラドーン・スリチャパン 2–6, 4–6
準優勝 4. 2005年8月8日   ワシントンD.C. ハード   アンディ・ロディック 5–7, 3–6
優勝 2. 2005年8月22日   ニューヘイブン ハード   フェリシアーノ・ロペス 3–6, 7–5, 6–1
優勝 3. 2005年10月10日   ストックホルム ハード (室内)   パラドーン・スリチャパン 6–1, 7–6(6)
優勝 4. 2006年1月9日   シドニー ハード   イーゴリ・アンドレエフ 6–2, 3–6, 7–6(3)
優勝 5. 2006年2月27日   ラスベガス ハード   レイトン・ヒューイット 7–5, 2–6, 6–3
準優勝 5. 2006年3月20日   インディアンウェルズ ハード   ロジャー・フェデラー 5–7, 3–6, 0–6
準優勝 6. 2006年6月19日   ロンドン   レイトン・ヒューイット 4–6, 4–6
優勝 6. 2006年7月17日   インディアナポリス ハード   アンディ・ロディック 4–6, 6–4, 7–6(5)
優勝 7. 2006年9月25日   バンコク ハード (室内)   イワン・リュビチッチ 6–3, 6–1
優勝 8. 2006年10月15日   ストックホルム ハード (室内)   ヤルコ・ニエミネン 6–4, 6–2
準優勝 7. 2006年11月20日   上海 ハード (室内)   ロジャー・フェデラー 0–6, 3–6, 4–6
優勝 9. 2007年1月13日   シドニー ハード   カルロス・モヤ 6–3, 5–7, 6–1
準優勝 8. 2007年2月4日   デルレイビーチ ハード   グザビエ・マリス 7–5, 4–6, 4–6
準優勝 9. 2007年7月22日   ロサンゼルス ハード   ラデク・ステパネク 6–7(7), 7–5, 2–6
準優勝 10. 2007年8月19日   シンシナティ ハード   ロジャー・フェデラー 1–6, 4–6
優勝 10. 2007年8月25日   ニューヘイブン ハード   マーディ・フィッシュ 7–5, 6–4
準優勝 11. 2008年2月17日   デルレイビーチ ハード   錦織圭 6–3, 1–6, 4–6
準優勝 12. 2008年4月20日   ヒューストン クレー   マルセル・グラノリェルス 4–6, 6–1, 5–7
準優勝 13. 2009年5月10日   エストリル クレー   アルベルト・モンタニェス 7–5, 6–7(6), 0–6
準優勝 14. 2009年6月14日   ロンドン   アンディ・マリー 5–7, 4–6

ダブルス: 10回 (7勝3敗)編集

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
優勝 1. 2002年8月5日   シンシナティ ハード   トッド・マーティン   マヘシュ・ブパシ
  マックス・ミルヌイ
7–5, 6–3
優勝 2. 2003年3月10日   スコッツデール ハード   マーク・マークレイン   マーク・フィリプーシス
  レイトン・ヒューイット
6–4, 6–7(2), 7–6(5)
優勝 3. 2004年2月16日   サンノゼ ハード
(室内)
  マーディ・フィッシュ   リック・リーチ
  ブライアン・マクフィー
6–2, 7–5
優勝 4. 2004年4月19日   ヒューストン クレー   マーディ・フィッシュ   リック・リーチ
  ブライアン・マクフィー
6–3, 6–4
優勝 5. 2004年4月26日   ミュンヘン クレー   マーク・マークレイン   ユリアン・ノール
  ネナド・ジモニッチ
6–2, 6–4
準優勝 1. 2006年2月27日   メンフィス ハード
(室内)
  マーディ・フィッシュ   クリス・ハガード
  イボ・カロビッチ
6–0, 5–7, [5–10]
準優勝 2. 2007年10月28日   バーゼル ハード
(室内)
  マーク・ノールズ   ボブ・ブライアン
  マイク・ブライアン
1–6, 1–6
優勝 6. 2012年4月15日   ヒューストン クレー   サム・クエリー   ドミニク・イングロット
  トレト・ユーイ
7–6(14), 6–4
準優勝 3. 2013年2月24日   メンフィス ハード
(室内)
  ジャック・ソック   ボブ・ブライアン
  マイク・ブライアン
1–6, 2–6
優勝 7. 2013年3月3日   デルレイビーチ ハード   ジャック・ソック   マックス・ミルヌイ
  ホリア・テカウ
6-4, 6-4

4大大会シングルス成績編集

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 通算成績
全豪オープン A A LQ LQ 2R 4R 4R 2R 3R 4R QF 4R 2R A A LQ 21–9
全仏オープン A A A LQ 2R 2R A 2R 3R 1R 2R 1R A A 1R 1R 6–9
ウィンブルドン A A LQ LQ 2R 2R A 1R 3R 3R 2R 1R 1R 1R 1R 2R 8–11
全米オープン LQ 1R LQ 2R 3R 3R A QF QF 4R 3R 3R 3R 2R 3R 1R 25–13

脚注編集

外部リンク編集