ジビュレ・フォン・バイエルン

ジビュレ・フォン・バイエルン(ドイツ語:Sibylle von Bayern, 1489年6月16日 - 1519年4月18日)は、プファルツ選帝侯ルートヴィヒ5世の妃。

ジビュレ・フォン・バイエルン
Sibylle von Bayern
プファルツ選帝侯
在位 1511年 - 1519年

出生 (1489-06-16) 1489年6月16日
死去 (1519-04-18) 1519年4月18日(29歳没)
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
Banner of Palatinate-Neuburg (3^2).svg プファルツ選帝侯領ハイデルベルク
埋葬 神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
Banner of Palatinate-Neuburg (3^2).svg プファルツ選帝侯領ハイデルベルク聖霊教会
結婚 1511年2月23日 ハイデルベルク
配偶者 プファルツ選帝侯ルートヴィヒ5世
家名 ヴィッテルスバッハ家
父親 上バイエルン=ミュンヘン公アルブレヒト4世
母親 クニグンデ・フォン・エスターライヒ
テンプレートを表示

生涯編集

ジビュレは上バイエルン=ミュンヘン公アルブレヒト4世クニグンデ・フォン・エスターライヒ神聖ローマ皇帝フリードリヒ3世の娘)の間の娘である。1511年2月23日ハイデルベルクプファルツ選帝侯ルートヴィヒ5世と結婚した。2人の間に子供はいなかった。

ルートヴィヒ5世は先にジビュレの姉ジドーニエと婚約していたが、ジドーニエは結婚前に17歳で死去した[1]。ジビュレとルートヴィヒ5世との結婚以降、ランツフート継承戦争以降悪化していたバイエルン公とプファルツ選帝侯との関係が改善した[2]。また、選帝侯とジビュレの伯父神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世の関係も改善した[3]

1519年にジビュレは死去し、ハイデルベルク聖霊教会に埋葬された。その後しばらく、弟エルンストがジビュレの遺産に対し権利を主張したが、ルートヴィヒ5世とジビュレの兄ヴィルヘルム4世により退けられ、代わりに高位聖職者の位を約束された[4]

脚注編集

  1. ^ Constant von Wurzbach: Biographical Dictionary of the Austrian Empire, Vol. 6. K.K. Court and State Printing, 1860, p. 405
  2. ^ Andreas Kraus: Handbook of Bavarian history: History of the Upper Palatinate and the Bavarian Circle until the end of the 18th Century, Volume 3, C.H. Beck, 1995, p. 83
  3. ^ Hermann Wiesflecker: Emperor Maximilian I, Oldenbourg Wissenschaftsverlag, 1986, p. 24
  4. ^ Royal Bavarian Academy of Sciences: Historical class: Proceedings of the historical class of the Royal Bavarian Academy of Sciences, volume 10, The Academy, 1867, p. 119

参考文献編集