ジャコモ・チェルティ

ジャコモ・チェルティ(Giacomo Antonio Melchiorre Ceruti、1698年10月13日 - 1767年8月28日)はイタリアの画家である。貧しい人々、物乞い、農夫をよく描き、「il Pitocchetto」(pitocchiは物乞いの意)の仇名でも知られる[1]

ジャコモ・チェルティ
Giacomo Ceruti
Giacomo Ceruti - self-portait - Pinacoteca di Brera, Milan (ritoccato) (crop).jpg
自画像
生誕 1698年10月13日
イタリア,ミラノ
死没 1767年8月28日
イタリア,ミラノ

略歴編集

ミラノで生まれた。父親のファビアーノ・チェルティ(Fabiano Ceruti)はドイツ出身の風景画家アグリコーラ(Christoph Ludwig Agricola、イタリア名:Cristoforo Ludovico Agricola)の弟子であった画家と推測されている[2]。初めイタリア北部のブレシアで働いたとされ、ブレシアで活動していた画家、アントニオ・チフロンディの影響を受け、ベルガモで活動していたチェレーザ(Carlo Ceresa)に学んだとされる。

静物画や宗教を題材とした絵画も描いたが、物乞いや貧民を描いた「風俗画」で最もよく知られている。1725年から1740年の間に、貧しい人々を題材に多くの作品を描き、この時代の作品が50点あまりが残されている[3]

作品編集

脚注編集

  1. ^ "Le muse", De Agostini, Novara, 1965, Vol.III, pag.209
  2. ^ Ugo Galetti e Ettore Camesasca, Enciclopedia della pittura italiana, vol. 1, Garzanti, 1950, p. 15-16.
  3. ^ Spike, 1986, pp. 66.

参考文献編集

  • Spike, John T. (1986). Giuseppe Maria Crespi and the Emergence of Genre Painting in Italy. Fort Worth: Kimball Museum of Art. pp. 66–67
  • Filippo Piazza (a cura di), La realtà dello sguardo: ritratti di Giacomo Ceruti in Valle Camonica, Milano 2017.
  • Francesco Frangi, Alessandro Morandotti, Giacomo Ceruti 1698-1767. Popolo e nobiltà alla vigilia dell'età dei Lumi. Milano: ROBILANT+VOENA con Skira, 2013.
  • Daniele Radini Tedeschi, Pittura a Brescia e nelle Valli, Roma 2011.
  • John T. Spike, Giuseppe Maria Crespi and the Emergence of Genre Painting in Italy, Fort Worth: Kimball Museum of Art, 1986, pp. 66–67.
  • Mina Gregori, Giacomo Ceruti, Cinisello Balsamo 1982.
  • Vittorio Caprara, CERUTI, Giacomo Antonio, detto il Pitocchetto, in Dizionario biografico degli italiani, vol. 24, Roma, Istituto dell'Enciclopedia Italiana, 1980. URL consultato il 5 agosto 2017. Modifica su Wikidata
  • Sandro Guerrini : Il Gran Ceruti, verso il Ciclo Padernello del Pitocchetto :Due ritratti bergamaschi del Pitocchetto, Castello di Padernello 2018.