ジュリスト

有斐閣が発行する法律専門誌の総称

ジュリスト』(Jurist)は、株式会社有斐閣が月1回発売しているB5サイズ雑誌である。略称は『ジュリ』。「ジュリスト」は、「法律家」を意味する。

判例タイムズ』誌、『判例時報』誌と並ぶ判例紹介誌のひとつであり、創刊は1952年(昭和27年)。『法律時報』のように、論文の掲載も多いのが特徴である。

法律実務家と一般市民の双方を対象として、法律解釈、立法動向、裁判実務上の問題等に関する論文を掲載している[1]

別冊・増刊が数多く出されており、法律学の争点シリーズ[1]、時の判例シリーズ、判例百選シリーズ[1]のようにシリーズ化されているものも数多くある。現在は『ジュリスト』とは別の独立した雑誌である『法学教室』も、最初は1961年(昭和36年)に『別冊ジュリスト』として発行されたものである[1]

2011年12月15日号まで月2回発行(ただし、1月・8月は合併号で月1回発行)であったが、2012年1月号から月刊化され、ビジネス・ローを重視した編成にリニューアルされた。

なお、従来の『ジュリスト』は、学術性の高い論文等も多く掲載されていたが、それらの記事については新たに2012年春から発行を開始した『論究ジュリスト』(季刊)に掲載されるようになった[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d e 東京都立多摩図書館 (2014年3月). “法律関係雑誌 (pdf)”. p. 1. 2022年1月12日閲覧。

外部リンク編集