ジョゼフ・ドゥニケール

ジョゼフ・ドゥニケール(Joseph Deniker、1852年3月6日 - 1918年3月18日)はロシア生まれのフランスの博物学者、人類学者である。ヨーロッパの詳細な人種地図を作成したことで知られる。

Joseph Deniker

ロシア南部のアストラハンにフランス人の両親のもとに生まれた。サンクトペテルブルクの大学、工科研究所で学び、エンジニアとなった。コーカサスの石油地域や中部ヨーロッパ、イタリア、ダルマチアを旅した。フランスに移住して、ソルボンヌ大学で学び、1886年に自然科学の学位を得て、1888年にパリ自然史博物館の司書主任に就任した。『世界地理事典』(Dictionnaire de geographie universelle)の執筆者の一人で、人類学や動物学の学術雑誌に多くの論文を寄稿した。1904年にイギリスの王立人類学研究所に招かれ、ハクスリー記念講師職を受けた。

ドゥニケールの "Races de l'Europe" (1899年)のヨーロッパの人種地図

人類学のドゥニケールの主著は『地球の人種と民族』("Les races et les peuples de la terre")である。ドゥニケールの作成したヨーロッパの人種地図は20以上に上る人種に分類したもので、当時多くの研究に引用された。ヨーロッパにおける主要な人種が何種類あるかについて、ウィリアム・Z・リプレー(William Z. Ripley)らと論争した。ドゥニケールの人種の分類では、ヨーロッパの主要な人種を「北方人種」、「地中海人種」、「Oriental」、「ディナール人種」、「イベリア人種」、「アルプス人種」(Nordic、Littoral、Oriental、Adriatic 、Ibero-Insular、Occidental)に分けることを提案した。さらにサブタイプとして、Sub-Nordic、North-Occidental、Vistulian、Sub-Adriaticを提案した。

同時代の人種を論じた人類学者にはカール・ペンカ(Karl Penka)がおり、またドゥニケールの人種分類は、ナチスお抱えの人種学者、 ハンス・ギュンターに影響を与えたとされる。

著作編集

  • Recherches anatomiques et embryologiques sur les singes anthropoides (1886)
  • Etude sur les Kalmouks (1883)
  • Les Ghiliaks (1883)
  • Les races et les peuples de la terre (1900)

参考文献編集

  • Czekanowski, Jan (1934). Człowiek w Czasie i Przestrzeni (eng. A Human in Time and Space) - The lexicon of biological anthropology. Kraków, Poland: Trzaska, Ewert i Michalski - Bibljoteka Wiedzy.
  • Arthur Keith and Alfred C. Haddon, "Obituary: Dr. Joseph Deniker" Man 18 (May 1918): 65-67.
  • Ashley Montagu, "The Concept of Race," American Anthropologist 64:5 (October 1962): 919-928.