ジョッキークラブステークス

イギリスで行われている競馬の競技

ジョッキークラブステークスJockey Club Stakes)はイギリスニューマーケット競馬場で行われる競馬の競走である。

ジョッキークラブステークス
Jockey Club Stakes
開催国 イギリスの旗イギリス
競馬場 ニューマーケット競馬場
創設 1894年
2021年の情報
距離 芝12f(約2414m)
格付け G2
賞金 1着賞金5万1039ポンド
賞金総額9万ポンド
出走条件 サラブレッド4歳以上
負担重量 127lb(約57.6kg)
牝馬は3lb(約1.4kg)減
G1優勝馬3lb増
テンプレートを表示

歴史 編集

この競走は1894年にジョッキークラブによって創設された[1]

元々は秋に施行されていた。当初は3歳馬のの出走も可能であり、一時期はその年のクラシック競走優勝馬が例年出走していた[2]

1901年には距離を14ハロンに延長した[2]

1963年以降は施行時期を春に変更し、距離も12ハロンに短縮した。また3歳馬の出走は認められなくなった[3]

現在はニューマーケット競馬場で2日間にわたって開催されるギニーズフェスティバルミーティングの初日に2000ギニーステークスと共に施行される。コロネーションカップの前哨戦として機能しており、直近で両競走を優勝したのは2006年のシロッコである。

歴代優勝馬(2000年以降) 編集

  • 2000 Blueprint
  • 2001 Millenary
  • 2002 Marienbard
  • 2003 Warrsan
  • 2004 Gamut
  • 2005 Alkaased
  • 2006 Shirocco
  • 2007 Sixties Icon
  • 2008 Getaway
  • 2009 Bronze Cannon
  • 2010 Jukebox Jury
  • 2011 Dandino
  • 2012 Al Kazeem
  • 2013 Universal
  • 2014 Gospel Choir
  • 2015 Second Step
  • 2016 Exosphere
  • 2017 Seventh Heaven
  • 2018 Defoe
  • 2019 Communique
  • 2021 Sir Ron Priestley
  • 2022 Living Legend
  • 2023 Hurricane Lane

脚注 編集

  1. ^ The Glasgow Herald - Google ニュース アーカイブ検索”. news.google.com. 2022年4月29日閲覧。
  2. ^ a b The Glasgow Herald - Google ニュース アーカイブ検索”. news.google.com. 2022年4月29日閲覧。
  3. ^ The Glasgow Herald - Google ニュース アーカイブ検索”. news.google.com. 2022年4月29日閲覧。

出典 編集