ジョン・スマイバート

ジョン・スマイバートもしくはジョン・スミバート(John Smibert、姓は Smybertとも、1688年3月24日 - 1751年4月2日)はスコットランド生まれのアメリカの画家である。

ジョン・スマイバート
John Smibert
1739 JohnSmibert self portrait BermudaGroup detail Yale.png
自画像[1]
生誕1688年3月24日
スコットランドの旗 スコットランドエディンバラ
死没1751年4月2日
マサチューセッツ湾植民地ボストン

略歴編集

エジンバラで生まれた。塗装業、左官の徒弟をした後、1709年にロンドンに出て[2]、馬車の装飾画家や看板描きなどの仕事をした。1713年から1716年の間、宮廷画家のゴドフリー・ネラーが開いていた絵画学校で学んだ[2]。エディンバラに戻り肖像画家として働き始めた。1719年1722年の間、イタリアで修業した後、1722年から1728年までロンドンに住み肖像画家として活動した[2]

肖像画の顧客の一人にアイルランド出身の哲学者、聖職者のジョージ・バークリーがいて[3]、バークリーはバミューダに神学校を創立する計画をたて、スマイバートを美術の教授として誘い、1728年にバークリーとスマイバートはアメリカに移った。

資金が集まらず神学校は実現せず、バークリーは1732年にアメリカを離れるが、スマイバートはボストンで暮らし始め[4][5]、1730年に結婚した。1734年にはボストンに画材や版画を売る店を開き、2階には、ヨーロッパで模写した絵画や塑像を展示した。美術史家のRichard H. Saundersはこの店を「アメリカ最初の美術館」と表現しているが、チャールズ・ウィルソン・ピールギルバート・ステュアートジョン・トランブルといった初期のアメリカの画家たちに影響を与えた。[6]

1740年から建設されたボストンの公設市場、ファニエル・ホールに建築家として関わり、イギリスのスタイルでデザインした。スマイバートの設計した建物は1761年に火災で失われるが、再建され、1806年に一部の設計を残して大規模な増築が行われた。

ボストンで死去した。

息子のナサニエル・スマイバート(Nathaniel Smibert:1734–1756)も肖像画家になったが、22歳で亡くなった。

作品編集

参考文献編集

  1. ^ スマイバートの作品 "Dean Berkely and His Entourage)"の一部
  2. ^ a b c Richard H. Saunders, John Smibert: Colonial America's first portrait painter, Yale University Press, 1995.
  3. ^ Cust, Lionel Henry (1897). "Smibert, John" . In Lee, Sidney (ed.). Dictionary of National Biography (英語). 52. London: Smith, Elder & Co.
  4. ^ Weekly Rehearsal, Oct. 21, 1734; May 26, 1735
  5. ^ David Kruh. Always something doing: Boston's infamous Scollay Square, rev. ed. Boston: Northeastern Univ. Press, 1999; p.34.
  6. ^ John Smibert,Oxford Art Online

関連図書編集