ジョヴァンニ・フランチェスコ・ピコ・デラ・ミランドラ

ジョヴァンニ・フランチェスコ・ピコ・デラ・ミランドラGiovanni Francesco Pico della Mirandola、1470年 - 1533年) は、 イタリアの貴族、哲学で、ピコ・デラ・ミランドラの甥。ジャンフランチェスコ・ピコ・デラ・ミランドラGianfrancesco Pico della Mirandola)と呼ばれることが多い。悪魔学者としても知られ、著書『魔女』(La Strega)は、ウィッチクラフトを扱ったイタリア語の初の書籍として重要視されている。また、魔女悪魔の性交渉の問題について重視した[1]

ジョヴァンニ・フランチェスコ2世・ピコ・デラ・ミランドラ

参考文献編集

  1. ^ 『悪魔学大全』ロッセル・ホープ・ロビンズ(青土社、1997年)p.471 ISBN 978-4791755219

外部リンク編集