ジョージーナ・ハーディング

ジョージーナ・ハーディング(Georgina Harding 1955年〜)は、イギリス作家'[1][2]

経歴 編集

(https://www.shinchosha.co.jp/writer/3842/)

英国生まれ。ロンドンの出版界で働き、1980年に来日。翌年まで東京で編集の仕事に従事。以後アジア各地、ヨーロッパ大陸を旅してまわる。

1990年、チャウシェスク政権下のルーマニア紀行『In Another Europe』を刊行。

1993年、インド南東部トランクェーバーで一歳の息子と暮らした体験を綴った『Tranquebar: A Season in South India』を刊行。

2007年刊行の『極北で』が初の小説作品。現在はエセックス州コールチェスター在住。

邦訳作品 編集

作品 編集

ノンフィクション 編集

  • 1990: In Another Europe: A Journey To Romania
  • 1993: Tranquebar: A Season in South India

フィクション 編集

  • 2006: The Solitude of Thomas Cave
  • 2009: The Spy Game
  • 2012: Painter of Silence
  • 2016: The Gun Room
  • 2018: Land of the Living

脚注 編集