ジロ・デ・イタリア 1956

ジロ・デ・イタリア 1956は、ジロ・デ・イタリアの39回目のレース。1956年5月19日から6月10日まで行われた。全21区間(内、第2、5ステージは前・後半ステージ)。全行程3523km。シャルリー・ゴールルクセンブルク国籍選手として初めて総合優勝を果たした。

総合成績編集

第19ステージ(メラーノ - モンテ・ボンドーネ)は、レース途中で雨から雪に変わり、ゴール付近において氷点下10度という劣悪なコンディションとなったため、このステージだけで実に60名が途中棄権。そんな中、シャルリー・ゴールが区間2位のアレッサンドロ・ファンターニに8分以上の差をつけてゴールし区間優勝。また総合首位も奪取したゴールは、その後もマリア・ローザを守って総合優勝を果たした。

選手名 国籍 時間
1 シャルリー・ゴール   ルクセンブルク 101時間39分49秒
2 フィオレンツォ・マーニ   イタリア + 3分27秒
3 アゴスティーノ・コレット   イタリア + 6分53秒
4 クレート・マウレ   イタリア + 7分25秒
5 アルド・モゼール   イタリア + 7分30秒
6 アレッサンドロ・ファンティーニ   イタリア + 8分46秒
7 ジャン・ブランカルト   ベルギー + 9分21秒
8 ブルーノ・モンティ   イタリア + 10分54秒
9 ワルデマーロ・バルトロッツィ   イタリア + 18分14秒
10 イレール・コヴルール   ベルギー + 18分41秒

Jersey pink.svg マリア・ローザ 保持者編集

選手名 国籍 区間
ピエリーノ・バッフィ   イタリア 第1-第2a
ヴィンチェンツォ・ズッコネッリ   イタリア 第2b
アレッサンドロ・ファンティーニ   イタリア 第3-第11
パスクアーレ・フォルナーラ   イタリア 第12-第18
シャルリー・ゴール   ルクセンブルク 第19-最終

山岳賞編集

山岳賞 フェデリコ・バーモンテス
2位 ブルーノ・モンティ
3位 ジュゼッペ・ブラッティ

参考文献編集