スクラレオリド(Sclareolide)は、クラリセージ(Salvia sclarea)やSalvia yosgadensis[1]タバコ[2]等の植物に含まれるセスキテルペンラクトンである。植物の持つ抗菌物質であるスクラレオールに近縁のアナログである[3]

Sclareolide
識別情報
CAS登録番号 564-20-5 チェック
PubChem 61129
UNII 37W4O0O6E6 チェック
特性
化学式 C16H26O2
モル質量 250.38 g mol−1
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

化粧品の香料として用いられる。また近年では減量のためのサプリメントとしても用いられるが、効果についての臨床的な証拠はない。

出典編集

  1. ^ Topcu, Guelacti; Ulubelen, Ayhan; Tam, Timothy Chit-Ming; Che, Chun-Tao (1996). “Norditerpenes and Norsesterterpenes from Salvia yosgadensis”. Journal of Natural Products 59 (2): 113-116. doi:10.1021/np960028h. 
  2. ^ Kaneko, Hajime (1971). “Aroma of cigar tobacco. II. Isolation of norambreinolide from cigar tobacco”. Agricultural and Biological Chemistry 35 (9): 1461-1462. 
  3. ^ Jasi?ski M, Stukkens Y, Degand H, Purnelle B, Marchand-Brynaert J, Boutry M (2001). “A Plant Plasma Membrane ATP Binding Cassette-Type Transporter Is Involved in Antifungal Terpenoid Secretion”. Plant Cell 13 (5): 1095-107. doi:10.1105/tpc.13.5.1095. PMC: 135550. PMID 11340184. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC135550/.